「ななゆびのブログ〜同人活動編〜」始まります

こんばんわ、お久しぶりです。これまでチョロチョロと活動内容を垂れ流していましたが。これからは同人イベントに参加する事で得た事、考えた事を中心に不定期更新したいと思います。事前にどんな事を書こうと思っているかリストアップしておきます。

・イベントでの販売価格
・私がイベントに出る目的
・「印刷所」と「手作り」の制作する量と費用
・僕らは何を売っているか
・制作したイラストの裏話
・シリーズ「みつどもえ」で得た事
・宣伝について
・趣味とは
・選んだ印刷所

上に書いてある事はぜひ記事にしたいですし、書いてない内容も思いつき次第足したいと思います。

イベントは5/6にポートメッセなごやにて行われます。

追加作画の細けぇ話

とりあえず印刷所に刷ってもらう分の作画だけでも完成させないといけないので、一番よくできてると思ってるファッションガールを用意します。いままで散々出てきた横顔の子です、これでいきます。それに追加の作画をしたいと考えていて「ファッションガール×ゆるキャラ×人工物」というコピー(?)を考えてました。

さて、それではパーツを作ろう。という時に。この一番よくできてる子にはクオリティをしっかり上げさせてもらいたいので、イイ感じのパーツを用意したいと考えていました。THEヒロイン、って感じ。なので、「うさぎ」と「電柱」を考えてました。とりあえず配置。

ちゃいますね。

細かいディテールを描き込むのは後にするとして、なんか印象のような物を掴みたい。なんだかんだでメインがガールなんで、縮尺はガールを小さくはしたくない。遠くにゆるキャラと、さらに遠くに人工物がある形に今はなってますけど、パース感おかしいすね。今なんかガールが巨人っぽくなってる。それが一番やばい。電柱ってデカいんだよなぁ。かなり遠くに配置するか、なんか柄のようにパターンにしてしまうか、電柱やめるか。とにかく人工物が問題ですね。家具とかぐらいのサイズが一番いいきがするんだよね。イスとか、あー決まらねぇなぁ。しかも16種の人工物ですよ。「人工物」ってくくりは大きすぎですよね。「動物」ってくくりではなく「ガール」なんだし、16種の「イス」とかでもいいのか。キャラに合わせてデザインが違うイス!つまりアレか。擬人化の逆か、擬物化か。ふむふむ。なんか、誕生石とか干支とか星座とか血液型とかそういう何か、そういうノリかもですね。

あと、それと、構図的な問題でガールズがみんなほぼ棒立ちなんで「ゆるキャラ」と「人工物」でどれだけ動きを作れるか。そもそもはファッション誌みたいなのを想定してたんで(それも、昔見た覚えがある通行人ばかりを撮ったすげージンプルな本)全部棒立ちにしちゃったんですよね。結局やってる事はイラストなんだって思ったんで次回からは一枚一枚の組み立ても大事にしなきゃなって思ってます。

あとはあれですね。ムラを減らすために、できれば16人まとめて作画したいんですよね。ガールが弱いなら強いゆるキャラつけたりしてバランス取りたいんや。

なんやかんや、「イス」とかでくくっちゃうのもいいですけど、う〜ん。ギターなら、こいつはストラト、こいつはレスポール、こいつはテレキャス……みたいな。う〜ん。ガール……ゆるキャラ……と来たら……なんだろう、無機物系の物がいいけど……。絵的にバリエーション付けやすいもので……。

(しばしYoutubeを見る)

プリンタ印刷テスト

昨日、プリンタ印刷テストしてました。まぁ、普通にセッティングして。試しに印刷しました。

折角なので色違いにしました。それと、7色で作って1色ずつ同じ紙に7回印刷して印刷ズレを発生させる方法(ズレ法と呼ぶ事にします)も試しました。

まず色が変だと感じました。近くで見ると色の粒が見える様な、そんな感じがしました。前のプリンタもこんなもんだったかなぁと思いつつ、テストを進めました。

そうこうして、色が複数乗ると、なんとなく色は気にならなくなった気もするんですが、このプリンタはズレ法印刷に向いてない様でした。紙に与えるダメージや汚れが大きかったのです。

もうこれはズレをPC上で再現して1回で印刷した方がいいなって思いました。ちょっと反則みたいな感じしますが、そっちの方がキレイに仕上がるんだもんなぁ……。

で、袋に入れて完成予想を目の当たりにしてテンション上げました。

早く描き足すパーツを描けよ、と自分で思います。

サークル参加の為の準備物が届きました

サークル参加が確定した途端に色々とやる事をはっきりさせたり、出来る事からクリアしたりと、なんかやってます。「ああ、こうやって締め切りを設けて頑張るのも一つの手なんだな……」と思いました。

今回は、出展の為に購入した物の話をします。

・ちっちゃいイーゼル×1
・テーブルクロス×1
・A4サイズのポリプロピレンの袋×48
・A4ファイルボックス×1
・インクジェットプリンタ×1
・コクヨ光沢紙×100
・手提げ袋(透明)×50
・ステッカー作成用紙(強粘着)×2
・ステッカー作成用紙(弱粘着)×5
・A4額縁×1

まず、プリンタで光沢紙に絵を印刷してA4ポスターを24〜48枚ぐらい作ります。それをポリプロピレン袋に入れファイルボックスにたくさん入れます。それらとは別に1枚、看板用A4ポスターを1枚作り、額縁に入れ、ちっちゃいイーゼルで立てます。ファイルボックスやイーゼルの下にはテーブルクロスが敷いてあります。買ってくれたら手提げ袋に入れます。透明なので帰りの電車ですれ違う通行人にも見えます。文字で書くとややこしいですね、こんな感じです。※書いてある値段は未定です

ステッカーはまだ実験してないのですが、開催日までには形にしてグッズの所に並べたいな。あと缶バッジとか、クラフト要素のある何か、とかを考えてるんですがその辺は未定。

ここまでは、ほとんど手作り的にやるんですが図の一番左のフリーペーパー的な「ラストカード兼名刺」があって。これは印刷所に頼むやつですね。これがメインウェポンなので、当日に間に合う様に頑張ります。

あ〜!なんかこういうブログいいですね!明日はプリンタ印刷テストの話をします〜。

コッミックライブ

昨日、5月6日開催のコミックライブへの参加申し込みをしました。自分のサークルとしてのイベント参加は初めてとなります。

予定ではハガキサイズのイラストカードを大量無料配布します。裏面はバイオグラフィ的なモノも書いた名刺のような機能の物になる予定です。クラフト紙へCMYKプラスホワイトの5色印刷のちょっと洒落たヤツになるはずです。これを配るのが一番の目的です。

その傍ら、グッズ系の物を販売予定。基本的には手作りで作ります。まず色違いバージョンだらけの一点物A4ミニポスターを制作予定。他には、なんかペーパークラフト要素を取り入れれたらなぁ的なものとか、紙でできる事をする。まぁ未定です。手作りじゃない物は缶バッジを作るかもですね。

で、肝心のイラストの内容ですが、今まで描いた「ファッションガールズ」に「ゆるキャラ」と「人工物」を足したいなぁと思っています。あと1ヶ月しかねぇぞ。またちゃんと頑張らないとね。

それと、参加に伴ってこのブログを改装するかもしれません。あまりにも赤裸々過ぎないかなと、書いてる事どうしようもねぇ事ばっかりだし。

いやぁ〜、なんとかちゃんと参加できるように頑張らないと……

お前ってやつは

先日、うじうじしてましたよね。もうイベント出る気無くしてましたよね。そう言う話を交際相手としたら「なんでやんねーんだよ」ってなっちゃって、尻叩かれまして。じゃあちょっと企画書を書いてきます(?)、つって、いざ調べ始めると色々楽しくなって来まして……。いやぁ、お前ってやつは……。

なんだろうねちゃんと考えて答えを出したつもりなんだけど、全然考えられてない感じなのなんで?なに?なんなの?

うじうじしてます。

コミックライブの話の前に、僕の中の問題を広げます。

・自立できるだけのお金を稼げるようになりたい。今すぐとは言わないです。
・就職活動が怖い。もう32なんで、なおさら白い目で見られるでしょうし。
・でもやりたい事を出来ればやりたい。それはクリエイティブだったりします。

全てを叶えようとすると、何かクリエイティブでフリーランスをいきなり始める。と言う事になります、それはすごくいいなって思うんですけど。その糸口って全然分かんないんですよね。いろんな面で雲の上の話。何もやってないような物です。

じゃあ、クリエイティブ系の就職?って言っても就職活動続かなかったし。またやろうって気も無いことも無いです。

もうやりたい事とか言ってないで、なんでもいいから仕事しろってのも意味わかります。別に、あっちの仕事よりこっちの仕事の方が良かったとか、やってみなきゃ分かんないから気にしなくていいし。やりたい事の中にも面倒事はあるし、やりたくない仕事の中にもいいことたくさんあると思うし。

そういう事をベースに物事を感じています。

ここから、コミックライブっていうイベントを見てきた感想の記事です。

会場までの道のりはすごい街でした。電車が入り組んでるし、人多いし、大変だなぁって思いました。もし名古屋の方で就職したらと思うとやべぇなと思った。ネットばかりやってる人には辛いなって。慣れればなんとかなるんかねぇ。

会場では、2000スペースぐらいが出展していて、「こういう事やりたいな」ってブースは際立って1つありました。1つしかないのかよって話ですけど、これって相対的なものなのかもしれないです。そこはイラスト系で、デザイン要素が強いところでした。それを見て、なんか「漫画」という形じゃないな~とか、そういう事思いました。はっきり言うと洒落てるからいいなっていう浅はかなやつ。

そのブースの人に聞きました。作画時間は30分~2時間(たぶん線だけ)とか、色に一番時間をかけてる。3年やってる。とか聞きましたね。制作時間はめちゃめちゃかけてる訳じゃない。ただ、それでずっとやってて3年やってて、その上でフリーランスとしてはやってけてないと思われる。そうだよなぁ~、甘かねぇよなぁ~って。

ここから、私がこれからどうしていきたいかという部分にそれらがどう作用するかの話です。

その人の作品と自分の作品を比べると練り込み具合というか。形にしてるかどうかが違った。たぶんやってる事だけの手間はそんなに変わらないんだけど。断然その人の方がカッコ良くできていて、スタイルがハッキリしている。「ああ、これ系ね!」って言いやすい。悪く言うと誰かの真似なんだけど。でも、それはもちろんそこに到るまでの行動量が違うと思う。そういう点から、僕の作るものにもっと色やアイデアを練って、スタイルのような物を作らなあかんのかなと思いました。僕が何を良しとして、誰のワダチを踏むのか。やれる事があまだあるはず。やるなら。

なんだけど、そもそもイベント出て~ファンができて~フリーランスで~みたいな流れって遠回りだろうし。もう、クリエイティブ系の所に就職活動しろよってのが正解なんだろうかと思います。お金もすぐ入るし、いずれフリーランスにもなれるかもしれないし、なにより「一人でやってて3年たって何にもない」が就職一つで回避されるんだから。しらんけどもや。それで採用されなかったらその程度の技量しかなかったって事が答えとして出るし。他の仕事探せばええんやん。

う~む。

液晶タブレットレビュー4

昨日、街の方に出かけたのでデカい電気屋さんに寄って液晶タブレットを触って来ました。前回のレビューの話の続きになる訳ですが、視差って言うんですかね、ペン先からカーソルまでの距離。あれを見て来ました。以下は視差に限った話です。

結論から言うと「ipad+apple pencil」の勝ち。cintiq系もだいたいの機種がある程度の視差を持っていました。私の所持しているhuionのやつとそんなに大差なかったような気がします。そんな中ダントツで視差が少なかったのはapple pencilでした。ipadにはclipstudioもあるしいいですね。

まぁ視差なんか大した問題じゃねーよ、と言う方にはどうでもいい話かもしれませんが、やはり目や手と触れるモノですから購入検討時にはぜひ実物を触ってからがいいですね。

分岐?

どうも。ここまでファッションイラストを16枚描いて来ましたが、背景とか、ページ数、価格、イベント参加メリット、など、色々考えるタイミングになってしまったの為、最近は絵を描いてないですね。とりあえず16枚描いたのはいいと思います。ただ、けっこうカッコ良くない気もするし、メリット少ない気もする。その時はその時で16枚の絵は別の使い方を考えましょう。

まぁ、なんにせよ、明日、24日にちょっとイベント見てくるので、判断材料集めてきます。

本を作ろうとしているうちに「より大きい目標」が見えて来た気がするので、うーん、それを大事にね。