せどり2

まず、「せどり」なんじゃ?って話をしておくんですが、要は「中古屋さんとかで掘り出し物を買って売る」という仕事、というか副業的なやつですね。ネットの出現で売りやすくなったのが普及の要因になったと思いますけど、最近では全部ネットで完結する電脳せどりという物もあるそうです。今日は過去に私がやった事がある「せどりっぽい事」の感想を書きます。せどりに興味がある方が居たような気がするので、参考程度にどうぞ。

まずは、せどりとはちょっと違いますけど、カードゲームに手を出した事がキッカケでしょうか、昨日も言っていたMTGです。いわゆるレアカードは古いものから新しいものまでに存在します。(参考までに書いておくと、MTGにおいて「比較的新しいカード」は0円〜5000円ぐらいでしょうか、しかしルールの関係でほとんどのカードが2年程で値が落ちます。それに対して「比較的古いカード」は0円〜5万円とかで、これはルール改定や新しいカードの影響がない限り値崩れが起きにくいです。というかもう崩れた後がほとんどというか。ちなみに超高額カードは50万とかします。)このMTGをですね、もちろん最初は遊ぶ目的でやり始めた訳ですが、途中でこれで稼げないかーっていう計算したことありますね。「タルキール覇王譚」っていうエキスパンションには「フェッチランド」と呼ばれるシリーズのカードが5種再録されているんですが、そのフェッチランドは再録されるまでは1枚5000円したんです。それが1パック300円の袋から出てくる訳です。再録で値下がりしても2500円では売れる勢いだったと思われるので、1BOX買って1万円出費。そのBOXからフェッチが4~5枚でプラマイゼロ、その他のカードを足せば黒字になるんですね。しかし残念。そういう計算をしたのはそのエキスパンションが終わった後だったので、瞬発力は大事ですよね。

それから、せどり関係のスマートフォン向けアプリってのがあります。どういうものかと言うと、スマホでバーコードを読むと相場が分かる、ってやつです。これで本を3冊ほど仕入れたことがあります。しかし、全然売れずに自然に辞めました。たぶん売れるまで待つ感覚が大事なんでしょうね。それと量抱えて回転させる感じも大事なんだろうと思います。

最後に、友人から大量にフィギュアを譲ってもらった時の話です。これは貴重な経験。ダンボール8箱ぐらいあったと思います。それも良いモノが結構あって、じゃんじゃんヤフオクにかけましたね。この時に、(僕にとって)仕入が0円と言う事と、大量にあるので片付けたいと言う事、があったので、値段を安めに設定できました。それでも結果7万ぐらいになって、私も分け前を頂きました。この7万ってのは中古屋に持って言ったら半分以下になってただろうなって思いますよ。

で、まぁ「僕はせどりでこんだけやったぜ!」ってのが無いのですが、逆に「こう言う所めんどくさいよー」ってのは伝えられると思います。それはたぶん手数がめっちゃ必要な事ですかね、カードも1枚じゃ儲けにならないし、本だって安い、譲ってもらえるのはただのラッキーだし。コンスタントに手数を出して回転させないと副業にもなんないと思います。手数を減らすならたぶん単価が大きいもの、ブランド品や車なのかなって思います。でも売れると楽しいですよ。

せどり

今日はしょうもねぇ話です。

昨日は出かけた時にブックオフに寄ってみたんですが、Magic the gathering(以下MTG)のカードがあったんですね。それもストレージにゴッソリ入って、1枚30円、10枚だと200円というやつです。おそらく価値が分かってないであろう売り方ですよね。僕はちょっとMTGに覚えがあるので興味を惹かれて漁る事にしました。発掘した物は、パラダイム・シフト1枚、変身1枚、死体の花1枚、リサイクル2枚、いかづち2枚、暗黒の儀式3枚 、見つけました。他にも4種ほど気になってた物があったのでピックしてたんですけどそっちは調べると安かったのでストレージに戻しました。はい、最終的にはネットで価値を調べているという事です。で、この10枚を購入。パラダイム・シフト100円、変身60円、死体の花400円、リサイクル130円×2枚、いかづち9円×2枚、暗黒の儀式20円×3枚ですね。夜にヤフオクに出品しました、ただし、いかづちは安すぎたので出品しませんでした。これはいわゆる「せどり」みたいなもんですね。で、送料が発生するので数字がちょっと変わってくるんですが5つの全種ががバラで売れて1150円〜、送料引いて740円、仕入れ値引いて540円の利益が発生する!これを実現するのには長年培ったカードへの勘、30分ほどカードを漁る時間、出品する手間、などが必要ですね。しょうもねぇ笑

追記。こういうせどり行動を取ると「それの価値がわからない人の手から価値がわかる人の手に渡る」という事が起こりますよね。それが続くとつまるところ「価値がわかる人の手に集まっていく」訳で、逆に「価値がわからない人の手から離れていく」つまりは「相場でしか手に入らなくなる」それを相場で売っても儲けはでませんね。要は、今のMTGは「価値を知らずに高額カードを売ってる」という状態の店は多くないよね。という追記です。

ポケモンやってて2

昨日の記事を書いていた時に、感じている事を言語化する前に記事を打ち切ってしまいましたが、その後、古くからの友人とスカイプしていたらその話になり、言語化されたので続きを書きます。

結論から言うと僕が悪いですね、単にワガママです、強いポケモンを毛嫌いしてマイナーポケモンを好きになり、マイナーは強くないけどマイナーで強ポケを倒したいなんて欲張りですよね。それってレート最前線の人でも難しいわっていう話。そんな僕が出来る事は10〜20回ぐらい負けてレートが下がった地帯でマイナーポケを使うか(いわゆるマイオナ)マイナーポケを捨てて強ポケでレートを登るか(いわゆる厨ポケ)その二択ですね。単にそういう話ですね……

これってポケモンだけに限りませんね、こだわりやさんである僕は結構何でもこだわっちゃいます。しかもあんまり意味のない我流のこだわりね。正攻法の勉強をしないと言うか。それは個性っぽく映る場合もありますが、たぶんこれは野生に近い。よく言うとセンス。

では、今後どうするか。マイオナするのか厨ポケ使うのか。私は一度、厨ポケを使おうと思いました。強い人たちがどういう気持ちで厨ポケを使っているか、とか、どういう使い方をしてるか、とかそういうモノを一度感じてみようと(というかQRレンタルで一度感じてる訳ですが)それを経た上でできる事を探そうと思います。たぶんガチでやりたい事ってヘタウマではダメな気がするし。

これを絵や音楽に当てはめると……うっ、頭がっ

ポケモンやってて

結局の所、日頃考えている事しか書けないんで、ポケモンの話が出てくるんですけど、悪しからず。

僕はマイナーポケモン好きなんですよね。好きなポケモンで勝ちたいっていう気持ちです。最初っから好きなポケモンが強いポケモンであればこれは問題ないんですけど。強いポケモンが嫌い、みたいな所もあるから、結局好きなポケモンはだいたい弱い。弱いポケモンが強いポケモンを倒せたらやっぱかっこいいじゃんという、つまり逆転ホームラン思考ですよね。そもそも逆転しなきゃ勝てない状況になってる時点で弱いのは明白なのに。まぁ、でもポケモンは相性とか3対3でやるっていう要素もあるんで、勝てる可能性はゼロではない、はずなんですが。

ところで、うちの職場の上司は結構変なこだわりを持ってるんですが、例えば水を肉まんの蒸し器に入れる時に、水をちびちび溜めてどっか行く。溜まった後で一気に使う。何でしょうね?ジャーって溜める10秒ほどが惜しいのでしょうか。でも、ちびちび溜めてる間、私、シンク片方使いにくい事になってるんですけど。

僕のポケモンのこだわりと、上司の仕事のこだわりは近いものがある気がします。パフォーマンスに直結してないけど自分がそうしたいかどうか、という感じ。僕がマイナーポケモンを使ってもちゃもちゃするのと、上司が水をちびちび溜めてもちゃもちゃするの、どっちもやらなくていい事ですよね。でも、僕のポケモンは7割ぐらい負けるのに、上司の店は赤字じゃない。なんででしょうね。というかポケモンとバイト先を絡めて話すの無理があったか笑

まぁ、その話はそこまでで打ち切ってですね。今のポケモンって人が育てたヤツを借りれるんですよ、簡単に。昨日やってみたんですよね、僕が絶対育てないであろうポケモン。そしたらやっぱり強いんですよね、あからさまに。なんかアレですよ、つまり私って「竹槍で戦闘機を堕とすぞ!なぜなら竹槍が好きだから!というか戦闘機強いから嫌いだから!」っていう事ですよね。何かひねくれてるよね。損してる気がする。

最近書こうと思った事まとめ

そもそも

そもそも、「毎日書く」ってのが意味があって、まとめて書いてもあんまり意味ない気もします。が、1つ1つが小粒と言う事もあり、今日はまとめて放出します。

不安に真っ向勝負を挑まない

いや、もうタイトルだけで十分なんですが、不安に真っ向勝負で勝負しちゃダメですよって話です。これはパターンにもよりますが特に真面目なタイプの人間に起こるんじゃないでしょうか。ちょっと不真面目に不安から逃げた方が程よい事はあると思います。理由は「不安は集中して感じると、不安が倍増していくから」です。言い切ってしましましたが、ほぼ間違ってないと思います。しかし、注意、これは「不安を感じるな」と言う意味ではありません。感じた不安は何か危険や過ちなどのサインである場合が多いはずですので感じないとヤバいです。問題は、感情的に受け取らず理性的に受け取る事ですね。感情で受け取ると対策をするのも考えるのもぐちゃぐちゃになってしまいますので、理性で受け取って、ちゃんと対処しましょう。

武井壮さんの話

あの人結構面白い、すごい人生送ってるんみたいなんですけど、それだけあって面白い話をしてくれる人です。YouTubeで聞きました。そこから1つだけ。あの人は若い頃自分の「調子が良い時と悪い時」を自分で分析してた頃があるそうです。毎日毎日、体温や気温や湿度、気圧とか天気だけじゃなくて何食ったとか、色々記録し続けたらしいです、項目は憶測ですけど、体温は言ってた。それで、調子が良いと感じている時と、悪いと感じている時と、それぞれ照らし合わせて自分を知っていったそうなんですね。僕の話で言うと、僕は学生時代「なんかだるいな〜」って事がよくありました。なんか頭痛いような、目が痛いような、頭部全般に常にズーンと重い痛みがあったんです。それは「その体調が悪い時」には「常に」あったから当時の僕はその痛みにさえ考えが至ってなかったと思います。なんとなくだるい、けどだるい事にも気づいてない様な感じでした。それが高校ぐらいの時か、ふと気づいたんですね、これ口内炎のせいだ、と。口の中って神経が多いから痛みにすごい敏感で口内炎がずっといる事で頭部全体がズーンと重い痛みがあったんですね。それに偶然気づいたのはただのラッキーでしたが、そういう事を能動的に探しに行ったのが武井さんなんだろうなって思います。延いては、ベストの状態をキープし続ける事につながっているんでしょうね。

やりたいトラップ

みなさん、やりたい事あると思います。でも、やりたかった事が今はやれる様になりたい事になってしまった人もいるんじゃないでしょうか。いや、僕がそうなんですけど。昔は絵を描いてるのが単純に楽しかったですよね、でも今は楽しくないことの方が多いし、描きたくないぐらいまで思っちゃう。けど昔みたいにまた描きたい。そういう思いです。仮にコレを「やりたいトラップ」と名付けました、「やらなきゃ」って感覚に近くなってほとんど「やりたくない」になります。これ、ちょっとよく分かんないんですけど、あるんですよ。「やりたくないのにやりたい」ってやつ。で、これって絵は割と発生しやすいんじゃないかなっていう話です。軽くシステムを考えてみます。まず絵ってどういう時が楽しいかって、やっぱり上手にできた時だと思うんですよね。でも、そこを見てるとつまらなくと言うか、辛くと言うか、そう言う状態になりがちになる。たぶん「上手くかけた!」っていう勝率が出てくるからかな?そこで思います。昔は上手く描けなくてもなんでも楽しかったかなぁ?と。実際の所はもう忘れてしまいました。でも仮に、昔は上手く描けなくても楽しんでたとしても。それが一生続いたら絵描きの鬼だろ。たぶん、描き続けるにはちょっと違う形のモチベーションが必要なんじゃないかなぁ……?

気分とは

これってもしかしたら当たり前かもしれないんですけど、気分って「体調」じゃないですか?もちろん「体調を崩した」時に「気分を悪くする」とも言うのですが、それってどっちかって言うと両方とも「体調」の方を指していますよね。ここではさらに、「気まぐれさんの気分」も「体調」から来てるんじゃないかって話です。お腹の張り具合とか、眠気とか、筋肉量とか、色々。結局、たぶん気分と体調はシームレスに繋がってる。

楽しい感覚

さっきの「やりたいトラップ」とも繋がって来ますけど。結局僕らが長く走れる様になる為には「楽しむ力」がたぶん最強なんですよね。実際どうやって楽しんでいくか、ってそれはまた今度にしましょうか。

描く準備

「やれるようになりたい事」は「まだやれない事」みたいな事を過去に描いたと思いますが。「やる」だけが「やる」じゃなくて「やる準備」も「やる」に含まれてるよねって言う感じの話。「描く」だけが「絵描き」じゃなくて「資料集め」や「モチベ作り」も「絵描き」なんだ、と。

なぜ曲作りが止まったか

ちょっと前まで曲作ってましたよね。どうして止まってしまったんでしょう。これまた「やりたいトラップ」に近い話かもしれませんが、僕の場合「結果が出ないから」又は「結果が出てないと思い込んでいるから」でしょうね。僕はドコを見てモノを作ってるんでしょうねぇ。

モノを届ける

僕ら、頑張って良いモノ作っても、誰かに届けないと「モノを作ったとカウントされない」らしいです。自分の中でのカウントは取れても、人は目にしなきゃカウント出来ないもんね。だからちゃんと届けなきゃいけないよね。もう広報担当が欲しいよね。あと、「頑張って良いモノ作って誰にも届けない」と「良いモノじゃなくても並のモノでもちゃんと人に届ける」だったら後者の方がええんやで。

ハードル

聞いた話なんですが、人って自分でハードル設定をする時に、ちょっと高く設定しがちだそうです。人はみんな少しだけ自惚れているんでしょうね。僕も例外ではありません。最近ポケモンで時間をトロットロに溶かしています。だめですね〜。大事な大きな方向性が無視されつつある……。まぁこうやって記事を書いていると多少は気持ちが正されるから「やる」って大事だね。

6%

仕事を楽しいと思っている人の割合は6%らしいです。めちゃ少ないですよね。海外は30越えてたりするらしいです。ところで、やりたいことって強いですよね。それが仕事になれば良いですけど、大体の場合、やらなきゃいけない事を圧迫します。ポケモンマスターは仕事じゃない。