やらなきゃ感

やらなきゃ

今日は少し遡って12月8日のルーティンワークの時の話です。この日、ウォーキングとブログは楽しいぐらいの気持ちで取りかかれたのですが、ワンドロは「やらなきゃ感」を3割ほど感じたんです。それってどういう事で、どう捉えると良い循環になる?とかそういう事を考えてみようと思います。まず、ワンドロってそもそもやりたい事でしょうか?これは修行や練習などに近いですから、正確に言うなら、やりたい事の中のやりたくない事、の様な匂いを感じますね。ある程度めんどくさくて並ですよね。で、このワンドロは今はルーティンとしてのワンドロで、30枚を達成する事を目的としているので技術向上は無視して良いんですが、やはり「上手く描けたかどうか」を気にしてしまいます。おそらくこの辺が今回の話のキモですね。ところで、今現在のルーティンの中で一番ハードルが低いのはウォーキングです。それは僕はウォーキングの良し悪しをよく知らないからではないかと思います。時間を計っていれば早く歩けたか遅く歩いたかで一喜一憂するかもしれませんが、時間は計ってませんし。エネルギーの燃焼が〜とか詳しい情報も知りません。結果、近所を歩くだけで「よくやった!」と思える訳です。これがブログになると「上手く書けたかどうか」は少し気になってきます。今、こんな記事で良いのかな……ってなって投げ出しかけました。もしや、これは絵と一緒の現象なのでしょうか?で、絵の話に戻ります、自分で言うのも何ですが、僕は絵との付き合いが長いのもあり、ある程度厳しい目を自分の絵に向けているつもりです。しかし、自分の作品の品質とは無関係に。つまり、描く度に高確率で「下手くそだな」って思っています。そういう事で、僕は絵に対しての知恵が少し付いてしまっていると思えます。なので、描いたモノに毎回「よくやった!」を出せないんですね。これはウォーキングとは違う事です。正直よく分からなくなってきたんですが、なんか「やらなきゃ感」は起こる……

とりあえず、何か手を打つ

ブログの記事を書いていて思ったんですよね、ちょっと記事が上手く書けてないと思うから、1日前倒しに書き上げて、投稿時に添削しよう、って。それで質が良くなるかどうかは分かりませんが、とりあえず手を打つ。あと、これは既にしている事ですが記事を書く前にネタとかをメモる。そういう手を打ってますよね。なので、ブログに関しては「やらなきゃ」から「やってる」までの距離が短いんだと思います。ところが、ワンドロの方ではそれほど手を打ってない事に気付きました。描きたいモノのネタはほとんどメモってないし、何を描くか決まってないままワンドロが始まるし。質を上げる為にやってる事が少ない。そうすると自分からの「下手くそだな」が増えるので良くないですね。なんか思考停止してる感じ。そうなるとやる気も減退して、でもやりたい事がその向こうにあるからやらなきゃになるんですが「やってる」までの距離が遠い……。思考停止してる部分を意識して、1時間で出来る事をちゃんと考えたり、ゴールの様なものを設置してみたりすれば「やってる」までのステップになってくれそうですね。「ワンドロ」を細かく分解してみると意外と「やれる事」の中にも「やれてない事」あるんだなって思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です