昨日の結果

昨日は「自分の出来る描き方で早くゴリゴリ描いていく感じ」とかなんとか言って想像した事を試しに描いてみましたが、これ、たぶん違いますね。pixivに「2019_1_7」という名で試し描きが上がってますが、断然ダメですよね。昨日の話の100%が間違いだとは思わないんですが、自分の出来る事だけやってるのは間違い、やれる範囲の事だけでは足りないから。ただ、自分だとやりやすい事はもっとやるべきだとは思います、言うなれば得意分野。まぁ、どうもこうも言葉遊びになりかねないので、今日はこれにて。

夜勤中に思った

どうも、昨夜夜勤中に思い至った事を書きます。それは、絵についてなんですけど、ひと昔前に「萌え絵」なんて言われてたモノって今現在ではもう別に普通だよね、みたいな話から入ってですね……。そもそも自分はそういう絵を描きたいのかっていう話です。僕は描きたいですね、自分のニュアンスは含みますけどそういうカワイイの描きたい。でもですよ、あれってすごい丁寧にやってなんとかって感じで、しかも競合相手が多い。頑張って頑張ってやっと並になれるかどうかなんですよね。時々、というかネット上にはゴロゴロ居るウマい奴らって「時間かけまくってる」か「手がめっちゃ早い」か、だと思うんですけど。(もちろん経験値が高い)僕そんなに頑張れないっすよ、今の所は確実に。で、やりたいと思っている事で結果が出ないのと、やりたいと思っていない事で結果が出るのどっちが良い、って結果出た方がいいよね。まぁ、なんでしょう。ずいぶん乱文ですけど……。つまり、ちょっと箇条書きしますと。

  • 流行の絵柄は競合相手が多い上に
  • 流行の絵柄に今更乗るのは遅い、先駆者に勝てない
  • そこそこまで行こうにもウマい奴らは凄い手数で勝てそうにない
  • 流行に乗って結果が出ないより、結果が出る他の方法をあるかも?

そこでですね、なんかイメージ沸いてきたんですよね。なんというか、自分の出来る描き方で早くゴリゴリ描いていく感じで、世間一般の正解を追いかけないというか。なんともハッキリしない話ですけど、強いて言うとですね、松本大洋さんみたいな感じでしょうか、でもあんなに描き込まないですよ?他にも独自の人いますよね、お名前も作品のタイトルも覚えてないんですけど、独自の絵を覚えているあの人とか。(絵は覚えてる)そう言う事って出来ないかなぁと、ちょっと思ったんですよね。さっそく今日にでも試そうと思うんですけど、それで、漫画描けないかなって。そう、漫画って設計図みたいな所あるし、伝わりゃいいやん、みたいな感覚もある。まとめると。

  • 世間一般の正解の絵を追いかけない描き方
  • 強いて言うと松本大洋さん
  • 伝わりゃいい

なんだろうな〜絵に描いた餅かもな〜、まぁやってみよう。

さよならダンボール解説

今日はさよならダンボールの薄っぺらい裏設定について書こうと思います。よろしくお願いします。

裏設定2200年

まず時代なんですけど、動画のシーンの時点ではだいたい2400年頃で、人類は滅んでます。地球上はたくさんのミクさんでいっぱいです。どういう状況かというと、2200年頃に量産型ミクさんが製造されて増えたんです。動画はそっから200年って事ですね。2200年頃はまだ人類がいて、量産型ミクさんは人々の為に世界中で歌う使命を果たしていました。そして、歌う事に加えて、もう1つ大事な使命がありました。それは世界各地での経験データをオリジナルミクさんに届けるという使命でした。オリジナルミクさんには寿命がありませんが、量産型ミクさんには寿命があり16歳に設定されています。各地の量産型ミクさんは製造されて16年以内にオリジナルミクさんの所へと経験データを運ぶのでした。

裏設定2300年

そっから100年後、2300年に人類滅亡。量産型ミクさんが量産型ミクさんの為に歌うという訳の分からない事になり、たくさんのミクさんがエラーを吐きました。エラーを吐いた量産型ミクさんは色が赤くなります。そうこうしている内にオリジナルミクさんは長いスリープ状態になってしまいました。オリジナルミクさんは白くなります。つまり、動画冒頭の寝ている白いミクさんはオリジナルです。

裏設定2400年

そっから100年でやっと本編の時代。100年眠っているオリジナルミクさんは丸いバリアに包まれていて、地中深くに居ます。地中に向かう縦穴はミクさん達の残骸でいっぱいの鉄の海です。エラーを起こした赤い量産型ミクさん達は、正常なデータをオリジナルミクさんに渡す事が出来ないと判断され、バリアに弾かれます。弾かれたミクさん達はまだ正常な量産型ミクさんを逆恨みして襲ったり、無気力になったり、様々です。そして、エラーを起こした赤い量産型ミクさん達の中でもタチの悪い者は地中深くにバリアがある大きな縦穴を陣取り、正常な量産型ミクさん達は近づく事もままなりません。徒党を組んでいる赤い量産型ミクさん達のボスは「ヴォイス」というミクさんで、かなり若い。口から酷いノイズを出して、気に食わない量産型ミクさんを破壊してしまう乱暴者です。彼女の目的はオリジナルミクさんの破壊です。彼女は育った環境に恵まれず、楽器を持っていません。(後述)ちなみに動画に「ヴォイス」は出てこないよ。真っ赤っかだから「クリムゾンなんちゃら〜」みたいな別名があってもいいかもよ。

ここらへんから本編

そういう感じに荒れに荒れてる街の方とは対照的なのどかな田舎に、2体の量産型ミクさんが出荷されました。この地方への出荷は今年で最後の出荷です。出荷されたばかりの量産型ミクさんは先輩ミクさん達に導かれ、まず自分の楽器を決めます。その楽器がそのまま個体名になります。12歳ぐらいの「ピアノ」という先輩ミクさんやその他のミクさんに世話されながら、2体のミクさんは「ダンボール」と「琴」となりました。「ダンボール」が叩くダンボールは出荷時の物です。「ダンボール」マイペースで頑固、でも無邪気なお姉さん。「琴」は賢く、大人しめで姉の世話を良くします。加えて「琴」は色が青かったのですが、これは出荷前エラーの色で、いわゆる不良品でした。まだそれを知らない内は楽しく過ごしていました。

4年後、2人が4歳の時に「琴」は「ピアノ」から自分が不良品だと知らされます。ほとんどの青エラー個体はやる気を無くしホームレスみたいになるのがパターンなのですが、「琴」は違いました。「琴」は優秀でしたし、なにより前向きだったので「エラーを直す方法を探したい」と言いました。出荷から4年後「ピアノ」と「琴」はもちろん、「ダンボール」以外のミクさんが田舎から出て行きました。「ダンボール」が残ったのは居心地の良い所から離れたくなかったからです。

それから12年経って「ダンボール」にも寿命が来る頃です。ずっと1人で過ごしてきたのですが、使命には抗えないという事で、やっと田舎を出ます。ダンボールの切れ端を持って。そうして、なんかがむしゃらに大穴に突っ込んでいく「ダンボール」は鉄の海で左腕がもげたりします。(動画をご確認下さい)それでも負けじと突っ込んでいきます。その後、大人になった「琴」に助けられますよね。うん、多分「琴」だ。「琴」は髪を黒く染めてたり、制服っぽい服の上からコート着てたり、琴担いでたりするんですけど本編では青い線としてしか出てこないです。

ほいで

で、最終的には2人とも「ヴォイス」の手下にやられちゃうバッドエンドなんですけど、ダンボールの切れ端はバリアを通過したねっていう。それでオリジナルミクさんが目を覚ますカットも描こうかなと思ってたんですけどね……。と、まぁ、裏設定としての話は以上かと思います。また何か思い出したら書きます。

ななゆびPボツ曲集2019

昨夜、動画をアップロードしました。何かを発表したい気持ちが先走ってボツ曲集を出してしましました。まだ作品になれる可能性を秘めているのですが、場合によっては今後、正規の作品になるやつも含まれてるかもね。38分ぐらいあります。ちょっとやっちゃった感してますけど、しゃあない。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm34426366

去年作った作品まとめ2

イラスト編

  • ステージミクさん(2018/2/24)
  • ラブリーなやつ(2018/5/11)
  • ミク世絵(2018/5/11)
  • やばたにえんのむりちゃづけ(2018/6/6)
  • 選ばれしミクさん(2018/6/8)
  • ミクさん(2018/6/28)
  • 妖精とミク(2018/7/5)
  • 乳めっちゃ熱いんやけど……(2018/7/22)
  • ふたり(2018/7/24)
  • 女剣士A(2018/12/12)
  • スプラトゥーン2のやつ(2018/12/16)

大して見せられる絵が無いなと思ったんですが、それは曲も一緒だし、ちょっとだけ公開レベルをゆるくして羅列しました。これもブログで書く物に困ったら、作品振り返り記事とか時々書こうと思います。

モノはpixivにて。
https://www.pixiv.net/member.php?id=360910

なんか昨日今日とまとめた意味あんま無くなっちゃったけど……

去年作った作品まとめ

動画編

  • さよならダンボール(2018/3/30)
  • HERO SAVER(2018/4/28)
  • リブート(2018/5/23)
  • サマーシティのおどろき(2018/6/15)
  • ミクの地上絵(2018/6/22)
  • マジカルスペースライン(2018/6/25)

3月頃から毎月発表を目標としてました。6月に気張りすぎて燃え尽きたみたいですね。ブログで書く物に困ったら、作品振り返り記事とか時々書こうと思います。

YouTube、ニコニコ動画で視聴可能です
https://www.youtube.com/user/7fingermi
https://www.nicovideo.jp/mylist/16761521

2019/1/4:埋め込み式の記事が良くないと思ったので修正しました。

コラボと立ち位置

一人で作品を作るのは限界がありますよね。僕の様に絵も音楽も何もかもやってる時ってさらに言える事です。時間をかければなんとかなる部分もありますけど。そういう時って人の手を借りたいですよね。ギブアンドテイクで各々の長所を持ち寄るやつです。という事は長所が必要なんですね、これをキャラ立ちとここでは言いましょう。同業者に自分のキャラが認知されるまでには4本ぐらい自分らしい方法で作品を作る必要がありそうですよね、これが一般人に認知されようと思うと3年はかかるらしいです。そういう事です、まずは自分の立ち位置を明確にした方が良いかもね。って話でした。

2019

明けましておめでとうございます。今年も引き続き、ルーティン頑張りましょう。ここで月の節目ですし、12月のルーティン達成率を発表します。ざっくり、結論から言うとおよそ「70.1%」ですね。6日ぐらいからまばらに3つのルーティンが開始されて、31日までに

  • ウォーキングが27回のうち20回
  • 絵が26回のうち15回
  • ブログが24回のうち19回
  • 全77回のうち54回

と言う結果です。表を使いたかったですね……。それは良しとして。このルーティンは途中で中だるみしてたんですよね。こういう時に完璧主義者っぽい所が「もう完璧じゃないから全部やめちゃえ」って囁く。でもですね、その時に思った事を自分に言い聞かせたんです。それは「お前のサボり量はまだ全体の10%にも満たないぞ!」って事です。単純な逆算ですけど、まず、じゃあ逆に何%達成したら自分を許せるか自分に問いました?僕は60%だと思ったんです。最初の1月目です、パーセンテージはだんだん上げればいい、そう思いまして。で、中だるみを感じた時はまだ8回しか休んでなかったんですね。その時は日割り計算じゃなくて30日で計算するつもりでしたから、30日×3つのルーティン=90回、その90回のうちのたった8回しか休んでない、お前のサボり量10%にも満たないぞ!って事なんですね。その後すぐに中だるみを脱する事は出来ませんでしたが、なんとか持ち直しつつあります、たぶん。んー、にしても23回も休んだか……。でも、これルーティン初めてなかったら達成率0だからね?では、今年もよろしくお願いします。では。

最近書こうと思った事まとめ

そもそも

そもそも、「毎日書く」ってのが意味があって、まとめて書いてもあんまり意味ない気もします。が、1つ1つが小粒と言う事もあり、今日はまとめて放出します。

不安に真っ向勝負を挑まない

いや、もうタイトルだけで十分なんですが、不安に真っ向勝負で勝負しちゃダメですよって話です。これはパターンにもよりますが特に真面目なタイプの人間に起こるんじゃないでしょうか。ちょっと不真面目に不安から逃げた方が程よい事はあると思います。理由は「不安は集中して感じると、不安が倍増していくから」です。言い切ってしましましたが、ほぼ間違ってないと思います。しかし、注意、これは「不安を感じるな」と言う意味ではありません。感じた不安は何か危険や過ちなどのサインである場合が多いはずですので感じないとヤバいです。問題は、感情的に受け取らず理性的に受け取る事ですね。感情で受け取ると対策をするのも考えるのもぐちゃぐちゃになってしまいますので、理性で受け取って、ちゃんと対処しましょう。

武井壮さんの話

あの人結構面白い、すごい人生送ってるんみたいなんですけど、それだけあって面白い話をしてくれる人です。YouTubeで聞きました。そこから1つだけ。あの人は若い頃自分の「調子が良い時と悪い時」を自分で分析してた頃があるそうです。毎日毎日、体温や気温や湿度、気圧とか天気だけじゃなくて何食ったとか、色々記録し続けたらしいです、項目は憶測ですけど、体温は言ってた。それで、調子が良いと感じている時と、悪いと感じている時と、それぞれ照らし合わせて自分を知っていったそうなんですね。僕の話で言うと、僕は学生時代「なんかだるいな〜」って事がよくありました。なんか頭痛いような、目が痛いような、頭部全般に常にズーンと重い痛みがあったんです。それは「その体調が悪い時」には「常に」あったから当時の僕はその痛みにさえ考えが至ってなかったと思います。なんとなくだるい、けどだるい事にも気づいてない様な感じでした。それが高校ぐらいの時か、ふと気づいたんですね、これ口内炎のせいだ、と。口の中って神経が多いから痛みにすごい敏感で口内炎がずっといる事で頭部全体がズーンと重い痛みがあったんですね。それに偶然気づいたのはただのラッキーでしたが、そういう事を能動的に探しに行ったのが武井さんなんだろうなって思います。延いては、ベストの状態をキープし続ける事につながっているんでしょうね。

やりたいトラップ

みなさん、やりたい事あると思います。でも、やりたかった事が今はやれる様になりたい事になってしまった人もいるんじゃないでしょうか。いや、僕がそうなんですけど。昔は絵を描いてるのが単純に楽しかったですよね、でも今は楽しくないことの方が多いし、描きたくないぐらいまで思っちゃう。けど昔みたいにまた描きたい。そういう思いです。仮にコレを「やりたいトラップ」と名付けました、「やらなきゃ」って感覚に近くなってほとんど「やりたくない」になります。これ、ちょっとよく分かんないんですけど、あるんですよ。「やりたくないのにやりたい」ってやつ。で、これって絵は割と発生しやすいんじゃないかなっていう話です。軽くシステムを考えてみます。まず絵ってどういう時が楽しいかって、やっぱり上手にできた時だと思うんですよね。でも、そこを見てるとつまらなくと言うか、辛くと言うか、そう言う状態になりがちになる。たぶん「上手くかけた!」っていう勝率が出てくるからかな?そこで思います。昔は上手く描けなくてもなんでも楽しかったかなぁ?と。実際の所はもう忘れてしまいました。でも仮に、昔は上手く描けなくても楽しんでたとしても。それが一生続いたら絵描きの鬼だろ。たぶん、描き続けるにはちょっと違う形のモチベーションが必要なんじゃないかなぁ……?

気分とは

これってもしかしたら当たり前かもしれないんですけど、気分って「体調」じゃないですか?もちろん「体調を崩した」時に「気分を悪くする」とも言うのですが、それってどっちかって言うと両方とも「体調」の方を指していますよね。ここではさらに、「気まぐれさんの気分」も「体調」から来てるんじゃないかって話です。お腹の張り具合とか、眠気とか、筋肉量とか、色々。結局、たぶん気分と体調はシームレスに繋がってる。

楽しい感覚

さっきの「やりたいトラップ」とも繋がって来ますけど。結局僕らが長く走れる様になる為には「楽しむ力」がたぶん最強なんですよね。実際どうやって楽しんでいくか、ってそれはまた今度にしましょうか。

描く準備

「やれるようになりたい事」は「まだやれない事」みたいな事を過去に描いたと思いますが。「やる」だけが「やる」じゃなくて「やる準備」も「やる」に含まれてるよねって言う感じの話。「描く」だけが「絵描き」じゃなくて「資料集め」や「モチベ作り」も「絵描き」なんだ、と。

なぜ曲作りが止まったか

ちょっと前まで曲作ってましたよね。どうして止まってしまったんでしょう。これまた「やりたいトラップ」に近い話かもしれませんが、僕の場合「結果が出ないから」又は「結果が出てないと思い込んでいるから」でしょうね。僕はドコを見てモノを作ってるんでしょうねぇ。

モノを届ける

僕ら、頑張って良いモノ作っても、誰かに届けないと「モノを作ったとカウントされない」らしいです。自分の中でのカウントは取れても、人は目にしなきゃカウント出来ないもんね。だからちゃんと届けなきゃいけないよね。もう広報担当が欲しいよね。あと、「頑張って良いモノ作って誰にも届けない」と「良いモノじゃなくても並のモノでもちゃんと人に届ける」だったら後者の方がええんやで。

ハードル

聞いた話なんですが、人って自分でハードル設定をする時に、ちょっと高く設定しがちだそうです。人はみんな少しだけ自惚れているんでしょうね。僕も例外ではありません。最近ポケモンで時間をトロットロに溶かしています。だめですね〜。大事な大きな方向性が無視されつつある……。まぁこうやって記事を書いていると多少は気持ちが正されるから「やる」って大事だね。