タバコの辞め方

今日は禁煙を成功させている私がタバコの辞め方について語ります。

タバコを吸わない人へ。

タバコに興味のない人はそのまま興味を持たずに生きていってください。特に若い人は吸わずに健康でいて、この日本という地で頑張ってください。もし、そろそろ死んだ方がいい老害になってしまった時、お金に余裕がありまくるなら吸っても良いかもですね!加えて、タバコを吸っている人とケンカしないでね。というか最近は吸う派の方が肩身が狭いと思うから、優しくしてあげて。

タバコを吸う人へ

たばこ、ウマいですよね。辞められないですよね。ところで、お金に余裕はありますか?あなたは若く有能な人間ですか?いろいろ判断材料はありますが、辞められるのなら辞めたい、そう思っているのでしたら、ぜひ最後まで読んでください。

タバコを辞めたい人へ

基本的には、人それぞれですが、辞めたい理由も、辞め方も、様々なパターンがあると思います。とりあえず僕がどうして辞めたかったか、どうやって辞めたかの話から。

まず前提として、僕はお金をあまり稼がない、あまり使わない、という様なスタイルの生活を送っていました。そこに1日420円の出費は小さくないですよね。30日で12600円ですかね。仮に10万円稼いでいたとしても10%以上が煙となって消えていくのはなかなか良いとは思えませんね。加えて、タバコを自分の意思だけでは我慢できない自覚。体の不調。運動能力の低下。いろいろありますが、それらを理由に辞めたいとは思っていたのでした。

しかし辞めたいと思ってもなかなか辞める事は出来ませんでした。我慢できない。そこで手をつけたのは禁煙外来でした。何がきっかけだったかは覚えてませんが、禁煙外来が2〜3万円で済むと知り、試そうと思ったのですね。金額的にタバコ2〜3ヶ月分ですから、辞められるのなら安いもの。結果、禁煙は3ヶ月間だけ成功しました。たった3ヶ月かと思われるかもしれませんが37800円分吸ってない訳ですから、禁煙外来で30000円払っても7800円浮いてるんですよね。「辞めれるんだ」とちょっと気を抜いてしまって3ヶ月目に吸っちゃったんですが、僕はこの時結構安心してましたね。禁煙薬の存在が安心をくれた。というのも禁煙外来は失敗しても1年後ならまた受けられるので、薬があればまた辞めることが出来る、という自信がったんですね。

そんな自信が沸くぐらいなんで、禁煙薬はオススメしたいんですけど、これ結構人によって効果が違うらしいです。僕は効果抜群でしたね。でも、一回手をつけてもいいと思います。薬が合わなかったら中止してまた吸えばええやん。以下は薬の話です。

その薬はチャンピックスという薬で、副作用もありますし、海外ではあまり良くない薬という噂も聞いたことあります。でも僕は2回目の禁煙を1週間の服薬で済ませたので効くならちょっとぐらいのリスク背負えばいいじゃないかと思います。副作用は、頭痛とか、変な夢を見るとか、いろいろあった気がしますが、僕は特に作用なかったです、やったぜ。海外の噂は詳しくは知らないです。

最初に病院で説明を受けて「禁煙します!っていう紙」にサインします。1〜3日目は1mgを1錠。4〜7日目は1mgを朝晩1錠ずつ。以降は2mgを朝晩1錠ずつ。です。通院は4回かな?全部で2ヶ月だったと思います。医師によっては最後まで薬を飲んだ方が良いという人もいますし、言えば切り上げて処方を止めてくれる医師もいると思いますが、そこは各々相談。2ヶ月フルで処方されると3万円ぐらいですけど、最初の2週間分の薬だけだと5000円ぐらいで済みます。めちゃ安いでしょ。ここが良い所ですよ。もう今5ヶ月禁煙してますけど63000円浮かしてんですよね。っていう計算がモチベーションにもなりますよね。2週目分の薬も残ってるんでまた吸っちゃったらその薬飲もうと思ってますし。

とまぁ、色々な要素がありますけど最終的には各々のケースだと思いますので、自己判断で。ただ、僕は本当にオススメしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です