勝ちてぇ

ポケモンに関して話した事ありますが、「勝てるけど好きじゃないポケモン」を使わず「負けるけど好きなポケモン」を使うっていう思考回路、ありました。(過去の記事参照)

今思えばスプラトゥーンもそうでしたね、これの場合強い弱いはそんなに無いんですが、単に「好きなブキ」に固執してました。そうすると「好きじゃないブキ」は殆ど使ったことがない状態となり「好きじゃないブキ、使ったことがないブキ」を使っている人の行動心理が分からないという弱点を僕は抱える事になってました。でもスプラトゥーン2になった今は固執しなくなった。様々なブキを使った経験も活きましたし、単純に上手くなっていったという事もありますが、だいぶ上手くなった。それで、1の頃好きだった「スクイックリン」は今はさほど好きでもなく、むしろ勝率の高い「ZAP」が好きになっていきました。

自分の好きなものって結構ヤワくて、ちょっとした事で変化するよね。ポケモンを愛でるのが目的なら好きなやつ愛でてればいいんだけど、対戦になれば話は別。スプラトゥーンだって愛でたいだけならバトルしなくていいよね。僕らが何かやろうとすると「ルール」の様な「前提」の様なものがいつだって頭の中にあって、それで良し悪しが起こって、好き嫌いになる。

もし、僕が突然「茶摘みの達人」とか言って関係ない分野で日本一、世界一、と讃えられれば、絵や音楽は必要なくなるのかもしれないね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です