情熱

何回も重ね重ねの話になるかもしれないんですが「やりたい事」の話です。今日もカード触ってたんでこのネタで書いとかないとまたカードの話になってしまう。

まーまーまー、何度も言ってる気もしますが「やりたい事」とか「いつかやれるようになりたい事」とか、そういうのってずっとやってると本当に複雑な気持ちになって来ますよね。好きでやってるはずなのに嫌になってきたり。「やりたい」はずだったのに「やらなきゃ」になってたり。結構、僕だけじゃないみたいなんで。

で、やっぱりなんですけど力み過ぎずにやるのがたぶん一番です。この一言で済めばもういいんですよ。ここから下は読まなくてもいいです。でもそうでない事もあるでしょうから、書けるだけ書きましょう。

まず、「力み過ぎるうんたらかんたら」言う前に、こう、言葉で説明しようとする時点で歪みが生じます。伝えたいと思ってる答えに近い何かは言葉の意味の中には無い様なもんなんですね。

それで「力み過ぎるうんたらかんたら」の話なんですが、僕が経験した空回りパターンは、まず「気持ちで解決しようとするヤツ」ですかね。情熱を絞り出そうとする感じでしょうか。出ない時は出ないです。出てる時もいつ終わるか分かんないですし、出てなくても出てくる時がふと来るかも分かんないですよね。でも何でそういう不安定なものでまず解決しようかと思ってしまうかって、たぶん情熱が出てる時ってイイモノ作りがちだからでしょうかね?より正確に言うならハイになってイイモノでなくてもイイモノと錯覚出来る状態かもですね。そういう経験をしてると「情熱こそが、情熱だけがモノを作る全て」みたいな錯覚に陥ったんじゃ無いかなぁ?

と私がこう言うという事は「情熱が無くてもモノは作れる」と思っているって事です。(※ここで言う「情熱」の定義はもはやどうでもいい笑、僕がワーッて作ってわーいってなる楽しいアレの事)もちろん情熱はあったら便利なんですけどコントロールできない感じでして、むしろ「もっとジワジワした渋い火種の様なもの」を意識した動きが必要なんかなって思います。まぁ、これもある意味情熱ですね。

とまぁ、「瞬間的情熱」にしか出来ない事もありますし、「継続的情熱」にしか出来ない事もあると思うという事です。僕はずっと前者をなんとかしようと四苦八苦してた様な気もせんでもないです。

継続は力なりってよく言うよね。風邪がほぼ治ってきたので4日前ぐらいから絵とブログを再開してますね。今日はウォーキングも行きました。OK!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です