途中経過B

第10回ネーム大賞の作品をかたっぱしから読み始めて2週間ばかしですね、先日Bブロックも終了しました。はい。

ずばり、AもBも一緒です、ダメなヤツもイイヤツもランダムに混ざってますから。前回と一緒ですから言う事ないです。この調子がC、D、E、と続くのか……って考えると、コレは「量」読む事に大きな意味はないな、ってなったんで、かたっぱしから読むのはAとBだけにしときます。あとトップ10は読みますけど。

あと、Bブロックの個人的ベスト2は「殺人者たち」「畜生街で会いましょう」です。

まぁ、そういうかたっぱしから読む作業を通してなんとなくネーム大賞がどういうモノか、ちょっとは理解したと思います。ネーム大賞はネームのままでいいので軽く挑戦できるのが良いですよね。反面、悪い所はちょっとクセが強い、たぶん審査側のクセが。(いや、他の賞の審査がどんなもんか知らないですけどね)で、もしかしたら清書して他の賞の方がいいんじゃねぇか説もあります。それは他の賞のリサーチ次第ではありますけど、清書技術はどうせ必要になる技術ですし、クセ少ない所や、自分に合う所を探せる訳だし。

なんにせよ、それらは先の話で、とりあえず作品を作る練習をしなきゃいけないですね。なので、毎日の絵のタイミングでネームを切ったり、漫画風の画風で絵を書いたりしようと思ってます、というかもうすでに両方やった事あるので続けます。そんな所でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です