仮に音楽作るなら

昨日の記事の内容は(いろんな気付きの積み重ねではありますが)ここ数年、数十年で一番の気付きと言っても過言では無いと思います。(うそ、でもTOP10には入るかも)だって小学四年生ぐらいから作品を作る事がスラスラ出来なくなったのに、最近毎日描いてるんですよ?

僕の場合だったんですけど、ザックリ言うと「どうして何をどう描くか」が重要だった。どうして何をどう描くかが決まれば積み重ねられる事が出来る。積み重ねる事が出来れば成果が上がる。楽しい!まぁ、これは今回の発見の一面ではあるとは思うので、要因はコレだけではないでしょうが。

ところで、最近は曲を作ってないです。絵に戻ってきて、音楽は音楽に強い人に任せちゃえって思ったんですね、そもそも絵の方が好きだし。そして、単に曲を作る事がスラスラ出来なくなった。

曲を作り始めた頃は全てが成果だったんですよね。だからどんな曲を作っても楽しかった。小学四年生までの絵と一緒です。そう、コレはたぶん同じパターンなんです。と言うことは「どうして何をどう奏でるか」で僕は音楽作品も積み重ねられる可能性があります。

ただ、補足がありまして「どうして何をどうやるか」は自分に出来る範疇の事じゃないとダメです。ま、ちょっと出来ない事でもピンポイントですから勉強したらすぐ出来るんじゃない?

ちょっと考えて見ましょうか。僕のファッションガールズシリーズは『どうして』描いているかは「僕が量産できるちょうど良いクオリティは量産によってシリーズ作品になると思ったから」かなぁ?『何を』描いているかは「女の子を描くのは楽しいので女の子を」ですね。『どうやるか』どのように描くかは「デジタルで、毎日一枚のペースで、とりあえずキャラだけ先に」というような……そういう事ですが。

それが音楽の場合どうなるか。これから音楽を作るならそれは『どうして』奏でるか(DTMだけど)ここは絵と変わらないと思うんだよなぁ、結局は何か形にしたいんだからアルバムみたいな物を作ろうと思うんだろうと。『何を』奏でるか、はジャンルになると思うんです。僕の場合やりたい音楽、やりたくない音楽、できる音楽、できない音楽、と、あまりハッキリ把握できてないと思ってて、でも、何かしらのジャンルに収まってて量産できるヤツ、それしかねぇと思ってます。『どうやるか』はもうLogicで月1とかでやれたらなぁとは思うけど、デモだけばーっと数曲作ったり?う~ん。

ここまできて「どうして何をどうやるか」で全然解決出来てない気がしてきた。ま、ぼちぼちね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です