いろいろあるね

もはや日記に様なものと化してますが。しゃあないっす。

絵が16枚出来ました。一般的に多いか少ないかはまだ調べてないので分かんないですけど、自分の中で欲しい枚数圏内に入りました。ここで、いったん絵の生産をストップしたいと思います。1日1枚というより空き時間でみたいな感じになるのかも。分かんないけど。

本質的には、たぶんブログも無理に書く必要ないんだろうなって思います。散歩もそうです。人生になくてはならないものなんか全然ないと言うか。

こうやってルーティン頑張って来たんですけど、もっと大事な事あるんじゃないのかってちょっと思いました。自分ルールの中で100点とっても「おままごと」だよね、という感じです。まぁ、作った本とかで誰かが喜んでくれて、それが僕の生きる糧になれば「おままごと」じゃなくなるんですけどね。

泣いた

12日の夜かな、僕はもう大の大人なんですがなんか布団で泣いてました。なんで?って聞かれたら、もうよく分かんないんだけど「色々積み重なって」って感じでしょうか。「あれー?僕そんなに無理してるのかな?」と思いました。1日中寝て、かなり落ち着きました。色々思うところめちゃめちゃあったんですけど、今はもうよく分かんない。分かんない。

エゴサ

最近エゴサをよくします。もう、ツイッターにビッタリ貼り付いている。やはり最近のシリーズ化して、さらにちゃんとタグを付けてるヤツにある程度の反応が来る為、それを火種に気になっちゃうんですね。そうなると、ちょっと不安になったりもします。数字が気になって、結果がどうなるか気になって。もうずーっとツイッターとピクシブ、時々マストドン。たぶん気にすればするほど不安になるヤツですね。

でも、ちょっと冷静に考えてみようともする。気持ちは不安なんだけど、頭で冷静に。数字がすべてではないけど、数字出してる人と自分の違い、とか、それなりの結果がもう出てるからまだ一喜一憂するのは早い、とか。もっとやれる事、やり方、あるんじゃないかって。

そんな事、悶々と思いつつ今日のブログも埋めてたんですけど。これはモヤモヤしてちゃいかんと、形にしようと。そう思い立ったので試しにグラフにしてみました。

なんだ、上手くいってんじゃ〜ん。ってのは実は言い過ぎで、3/5からタグ付け始めてんですよね。効果はあるけど、もしかしたら5日以降横ばいの可能性はある。そしたらまた何か考えないとね。でも、こうやってグラフにして良かった。よく分かんないより全然いいと思った。あ、ちなみに3/6はぽっかりフレンズ、3/9はミクさんです。

こんにちわ

3月入りましたね、眠いですね〜、最近朝全然起きれないどころか、日中寝まくってる事もありまして、春のせいかなぁ……。あ、聞く所によると男性にも月経のような様なものがあってホルモンバランス崩すらしいですね、イライラ期とかあるらしいですが、このねむねむ期もその手のヤツかもしれないですね。ルナルナつける?

名古屋コミティアが10月〜11月と結構先なんですが、もっと細かくやってる良さそうなのがあって、コミックライブだったかな?その中のオリCOMIってやつなのかな?たぶん入れ子構造なんですけど。それが3月24日にあるんで下見にいく気です。早ければ5月6日に参戦します。やる気。

「コンビニ人間」買ったんで、読んだら感想書きます。

ボカロP卒業制作はもういいかなって思いました、卒業するとかしないとかじゃないなっていう。また音楽制作やるかもしれないし、やらなくてもフェードアウトでいいか、って。

2月ルーティンの振り返り

「ウォーキング」「ブログ」「絵」のルーティンワークが開始されたのが12月の末、そこから12月の日割り達成率、1月の達成率を出し、ついに2月の達成率も出そうという時期になってきました。現在の2月の達成率は100%で、ほぼ勝ち状態となっております。やはり100%の数字は一つのクリティカルヒット意味しているので、妥協して95%みたいな事はできればやりたくないと思っています。このパーセンテージは「自己効力感」の化身だと思ってやってますが、そうでなかったとしても僕の元には「めんどくさい事に取り掛かるスピードが早くなった」という成果が残っています。

勝ちがあるものには負けがあります。この勝負に勝つ意義を感じる為にも負けた時の事を想像してみたいです。2月の達成率が100%を取れなかった場合、僕のモチベは下がりますでしょう。ベストな負けは「まぁでもよく頑張った」と次のステップに行く事です。次にマシな負けは、3月も同じ事をして100%を狙いに行くのかと思います。そして最悪の負けは辞めてしまう事です。

僕にとって100%は必要なものだったか?正直なところ別にそうでもないです。むしろ「ベストな負け」の流れの方が柔軟で良いんじゃないかってぐらいです。でもまぁ、2月までのルーティンはとにかく「続ける事」を大事にしてました。そうすると必然的に100%に近く訳ですから100%取れそうだったから取りにいった。それでいいかなと。

んで、「続ける事」を大事にしてました、ってのがミソかもしんないんですけど、その為に2月ルーティンの質は一定ではないんですね。それは深くは追求せずにとにかく続けた1か月でした。

行く末

自分の人生は出来るだけ上手く行かせたいものですよね、好きな事が出来たり、楽だったり、やり甲斐があったり、楽しかったり。そういう方向に流れていきたいとみんな思っている事と思います。それは僕も例外ではないので、これから先どうするか、というのはいつでも大きな問題だったりします。

特に僕にとっては「仕事」っていうものはとても厄介で、どうしたいか、何がしたいかって、いつもこねくり回しています。でも、それはほとんどいつでも「自分の中」をこねくり回していました。つまり、自分のやりたい事を重視していた、とでも言いましょうか。

つい最近流れてきたツイートを見て僕の中でちょっと揺らぎが起こりました。その揺らぎは良い意味とも取れれば悪い意味とも取れるかもしれません。そのツイートを引用させていただきます。

揺らぎっていうのはつまり、今頑張ってることへの気持ちが揺らいでるんです。過去にも「自分の気持ち」ではなく「外の情報」を考えた事が無い訳では無いんですが。こんなにハッキリ数字を交えて書かれるとギョッとするというか……。もっともっと率直に言いますと。

これからこういう時代になっていくのに漫画描こうなんて言ってていいの?

という事ですね。こわいですね。不安ですね。どうしたら良いんでしょうねぇ。

今後の予定

2月1日からルーティンが一つ増えます。それは「漫画を読む」です。春頃だったかに行われる「ネーム大賞」というコンテストがあるんですが、それに応募をしようと思っています。今回で3回目になりますね。で、傾向と対策という事で「過去にネーム大賞に応募された漫画を読む」というルーティンを始めようと思っています。ネーム大賞の審査員の方々の傾向と、応募者の傾向をぼんやり掴めたらなと思います。一日1本読めるかな?

それに伴い、音楽の方がスキだらけになる事間違いなしですね。先にこう言ってしまうのは嘘になりそうで嫌な気もしますが、夏頃までに「ボカロP卒業制作作品」を作れたらなって思いますね。そう引退です。

と、そんな事をぼんやり考えていたりしています。

最近やりたい事(仮)

昨日の記事でやりたい事が増えたと言ってた詳細ですね。

  • 音楽制作
  • アニメーション制作
  • ネーム大賞にマンガ出す
  • せどり
  • ポケモン

下2つはちびちびやるとして、上3つってメイン級ですよね。この3つどうにかくっつけられないかなって考えてて、つまり、1つストーリーを作りそれでネームかいてネーム大賞に出して、(できればネーム大賞の結果発表までに)アニメーションでそのストーリーの「存在しないアニメ版の予告編」みたいなモノを作り、主題歌もミクさんに歌ってもらう、という……ってコレ全然達成される気がしないから書かないでおこうと思ったんですけど、ボツになる可能性を踏まえて捉えてください。

仮にですがストーリーもちょっと脳内で作りかけてます。テーマは「人工生命」です。主人公は一般人の男で、ヒロインが人工生命。人工生命は未来予知の研究に使われてて、わりとヒドい扱いを受けてて、それを主人公が……という様な。もちろん仮なんで変わる可能性大。

ワクワクし過ぎず、むしろ淡々とコツコツと、勢いに任せずやりたいです。