ふてくされてしまう

こんばんわ、ここ数日間でルーティンワークを続けるのがちょっとだけキツくなってきたという話をします。

結論から言うとキツくなる結果、精神的にふてくされてしまうのが問題です。

なんでキツいか、ウォーキングで疲れてるのか?っていったら疲れてる時もあるんですが、疲れながらも歩くのはそんなに苦じゃないんです。キツくなる原因はたぶん朝にスッと起きれない状態になってきてる事にあって。10:00過ぎまで寝てたりします。それが月火水金なら、スケジュールを遅らせるだけで解決するのですが、木土はそうはいかず夜まで作業を持ち越す事になってしまったり、日曜日はルーティンをクリアするタイミングがなくなってしまう可能性があります。

とにかく眠く、ずっと布団に入っていたい気持ち。で、布団にずっと入ってるのって何か乱れを生じますよね。時間も無くなるし。

22日の話ですがその日の事を思い出して見ます。たしか昼前まで寝てた。「逆回りのウォーキング」をしました。「書く事がない」っていう趣旨のブログを書いた。「でっけぇ猫の絵」も書きました。でも、何か満足を得られず、夜になると「今日何も作ってねぇな〜」って気になってきます。DAWとか開いたり閉じたり何回もしちゃったりして「今日中に何かしなきゃ」って気持ちになってきます。もちろん数時間で出来ないレベルの物を作ろうとします。でも、出来る訳ないからインスピレーションを求めて人様の作品を見ると「ああああ〜」って嫉妬とかそういう気持ちが湧きます。「もう、寝るのが一番だな」と思いつつギリギリまでそれを続けます。

こういうのはたまにあるんですが、コレに関して「あ、それはこうだよ」っていう答えをお持ちの方はぜひ教えてください。

ところで今現在、2月のルーティン達成率は100%でして、むしろ漫画も読んでたから150%ぐらいの勢いなんですね。コレについて3月になったら描こうと思ってたんですけど「頑張り過ぎ」なのではないかと思わなくもないです。やってることは大した事ないんですけど、休みが無いのは良くないんじゃないかなぁ〜って、どうかわかんないですけど。

というか、ここまで書いてやっと自分が「ルーティンの不調を前提に睡眠の不調があり、その上にふてくされがある」と仮定していた事に気づきますね。そもそもルーティンは特に大きく変わってないよね。

まぁ、でも睡眠はここ数日変わったよな〜って思うんですよね。睡眠を乱す事何かやったかなぁ?(未解決)

続ける練習、辞める練習

どうも、ルーティンワークが続いているななゆびです。

続けるのは慣れると続けられますね。なにか「ここを達成したい!」というポイントがあると良い感じですね。僕の場合は「カレンダーを○で埋める事」です。しかし、なぜか毎日が忙しい気がする……、ルーティンワークは3〜4時間でクリア出来るはずなのに……答えはそう、遊びすぎです。遊びが日々を圧迫してやる事やる時間がカツカツになってるんですね。カードゲーム触ってるだけで午前ぐらい簡単に吹っ飛びますから。

という事で今回の話は、やろうと思っている事をやる、だけじゃなくて、やらないでおこうと思っている事をやらない、のも多分大事なんだろうねって話です。「時間というもの」をAに費やせばBが出来なくなる、Bに費やせばAが出来なくなる、という感覚は長年生きてきましたけど初めてな気がします。リソースとしての感覚というか。今までやりたい事をズラズラ並べるようにして順にやってたもんな。FINAL FANTASYを1日10時間とかやってた気がします。つい最近だってSplatoon8時間とか。

まぁ、そういう事を感じはじめて、じゃあ「やらないでおこうと思っている事をやらない方法」は、というとまだ考えてないのでした。手探りで方法探して、いい方法が出てきたらまた書きますね。

タバコの辞め方

今日は禁煙を成功させている私がタバコの辞め方について語ります。

タバコを吸わない人へ。

タバコに興味のない人はそのまま興味を持たずに生きていってください。特に若い人は吸わずに健康でいて、この日本という地で頑張ってください。もし、そろそろ死んだ方がいい老害になってしまった時、お金に余裕がありまくるなら吸っても良いかもですね!加えて、タバコを吸っている人とケンカしないでね。というか最近は吸う派の方が肩身が狭いと思うから、優しくしてあげて。

タバコを吸う人へ

たばこ、ウマいですよね。辞められないですよね。ところで、お金に余裕はありますか?あなたは若く有能な人間ですか?いろいろ判断材料はありますが、辞められるのなら辞めたい、そう思っているのでしたら、ぜひ最後まで読んでください。

タバコを辞めたい人へ

基本的には、人それぞれですが、辞めたい理由も、辞め方も、様々なパターンがあると思います。とりあえず僕がどうして辞めたかったか、どうやって辞めたかの話から。

まず前提として、僕はお金をあまり稼がない、あまり使わない、という様なスタイルの生活を送っていました。そこに1日420円の出費は小さくないですよね。30日で12600円ですかね。仮に10万円稼いでいたとしても10%以上が煙となって消えていくのはなかなか良いとは思えませんね。加えて、タバコを自分の意思だけでは我慢できない自覚。体の不調。運動能力の低下。いろいろありますが、それらを理由に辞めたいとは思っていたのでした。

しかし辞めたいと思ってもなかなか辞める事は出来ませんでした。我慢できない。そこで手をつけたのは禁煙外来でした。何がきっかけだったかは覚えてませんが、禁煙外来が2〜3万円で済むと知り、試そうと思ったのですね。金額的にタバコ2〜3ヶ月分ですから、辞められるのなら安いもの。結果、禁煙は3ヶ月間だけ成功しました。たった3ヶ月かと思われるかもしれませんが37800円分吸ってない訳ですから、禁煙外来で30000円払っても7800円浮いてるんですよね。「辞めれるんだ」とちょっと気を抜いてしまって3ヶ月目に吸っちゃったんですが、僕はこの時結構安心してましたね。禁煙薬の存在が安心をくれた。というのも禁煙外来は失敗しても1年後ならまた受けられるので、薬があればまた辞めることが出来る、という自信がったんですね。

そんな自信が沸くぐらいなんで、禁煙薬はオススメしたいんですけど、これ結構人によって効果が違うらしいです。僕は効果抜群でしたね。でも、一回手をつけてもいいと思います。薬が合わなかったら中止してまた吸えばええやん。以下は薬の話です。

その薬はチャンピックスという薬で、副作用もありますし、海外ではあまり良くない薬という噂も聞いたことあります。でも僕は2回目の禁煙を1週間の服薬で済ませたので効くならちょっとぐらいのリスク背負えばいいじゃないかと思います。副作用は、頭痛とか、変な夢を見るとか、いろいろあった気がしますが、僕は特に作用なかったです、やったぜ。海外の噂は詳しくは知らないです。

最初に病院で説明を受けて「禁煙します!っていう紙」にサインします。1〜3日目は1mgを1錠。4〜7日目は1mgを朝晩1錠ずつ。以降は2mgを朝晩1錠ずつ。です。通院は4回かな?全部で2ヶ月だったと思います。医師によっては最後まで薬を飲んだ方が良いという人もいますし、言えば切り上げて処方を止めてくれる医師もいると思いますが、そこは各々相談。2ヶ月フルで処方されると3万円ぐらいですけど、最初の2週間分の薬だけだと5000円ぐらいで済みます。めちゃ安いでしょ。ここが良い所ですよ。もう今5ヶ月禁煙してますけど63000円浮かしてんですよね。っていう計算がモチベーションにもなりますよね。2週目分の薬も残ってるんでまた吸っちゃったらその薬飲もうと思ってますし。

とまぁ、色々な要素がありますけど最終的には各々のケースだと思いますので、自己判断で。ただ、僕は本当にオススメしたい。

頑張るってなんだ

頑張るってなんだって時に、別の言葉で言い換えようとしてみる。「汗水する」「苦労する」「手間をかける」色々表現がありますね。でも、(この表現も不完全ではありますが)頑張るって「成長しようとする事」だと思います。もし全く成長してないのなら、それは無駄な頑張りっぽいですよね。苦労した分だけ成長できるなら喜んで苦労するけど、苦労と成長は直結しない、それどころか、苦労せずとも成長できることがある。僕はそう思ってます。

同じ話の繰り返しの様になるのですが、僕の場合、やはり「自分のコントロール」なのかなぁと今日は思いました。自分がコントロール出来ないと、積み重ねが出来ない(気が浮つく)。積み重ねが出来ないと成長が止まる。器用貧乏はこうして生まれたとも考えられますね。

「強くなる為に必要なモノ」は人それぞれ違うと思いますが、頑張っていきたいですね。

1月まとめ

こんばんわ、過去に12月のルーティンワークの達成率を出しました。あれからひと月まるまるルーティンを行ったのでまとめです。

結論から言うと83/93で89.2%ですね。このうち休んだ10回というのは、絵が2回、ブログが2回、散歩が6回です。理由はサボりではなく、風邪ですね。素晴らしいです。自分で自分を褒めてやろう。十分頑張っていると思います。

次に効果などを書きます。自信はついたかっていうと、自覚出来る分はそこまででも無いです。無意識な自信がついてるかもしれませんし、逆に自分に対するマイナスの物が無くなっている可能性はあるのかもです。「所詮日課3つでしょ」って思っちゃってそうですね。で、(前にも買いたと思いますが)自信は微妙な所ですが、体感ではありますが取り掛かる事へのスピードが早くなってますね、ひどい時は「やらなきゃなー」で一日終わってましたからね。

加えてルーティンが増える話です。本日2月1日から「漫画を読む」を始めます。これは「第10回ネーム大賞に出されたもの」に限られます。傾向と対策、みたいなやつですね。もしかしたら感想を記事にしていくかもしれませんね、作品タイトルは伏せるか出すかわからんですけど。

2月もがんばりましょう。

情熱

何回も重ね重ねの話になるかもしれないんですが「やりたい事」の話です。今日もカード触ってたんでこのネタで書いとかないとまたカードの話になってしまう。

まーまーまー、何度も言ってる気もしますが「やりたい事」とか「いつかやれるようになりたい事」とか、そういうのってずっとやってると本当に複雑な気持ちになって来ますよね。好きでやってるはずなのに嫌になってきたり。「やりたい」はずだったのに「やらなきゃ」になってたり。結構、僕だけじゃないみたいなんで。

で、やっぱりなんですけど力み過ぎずにやるのがたぶん一番です。この一言で済めばもういいんですよ。ここから下は読まなくてもいいです。でもそうでない事もあるでしょうから、書けるだけ書きましょう。

まず、「力み過ぎるうんたらかんたら」言う前に、こう、言葉で説明しようとする時点で歪みが生じます。伝えたいと思ってる答えに近い何かは言葉の意味の中には無い様なもんなんですね。

それで「力み過ぎるうんたらかんたら」の話なんですが、僕が経験した空回りパターンは、まず「気持ちで解決しようとするヤツ」ですかね。情熱を絞り出そうとする感じでしょうか。出ない時は出ないです。出てる時もいつ終わるか分かんないですし、出てなくても出てくる時がふと来るかも分かんないですよね。でも何でそういう不安定なものでまず解決しようかと思ってしまうかって、たぶん情熱が出てる時ってイイモノ作りがちだからでしょうかね?より正確に言うならハイになってイイモノでなくてもイイモノと錯覚出来る状態かもですね。そういう経験をしてると「情熱こそが、情熱だけがモノを作る全て」みたいな錯覚に陥ったんじゃ無いかなぁ?

と私がこう言うという事は「情熱が無くてもモノは作れる」と思っているって事です。(※ここで言う「情熱」の定義はもはやどうでもいい笑、僕がワーッて作ってわーいってなる楽しいアレの事)もちろん情熱はあったら便利なんですけどコントロールできない感じでして、むしろ「もっとジワジワした渋い火種の様なもの」を意識した動きが必要なんかなって思います。まぁ、これもある意味情熱ですね。

とまぁ、「瞬間的情熱」にしか出来ない事もありますし、「継続的情熱」にしか出来ない事もあると思うという事です。僕はずっと前者をなんとかしようと四苦八苦してた様な気もせんでもないです。

継続は力なりってよく言うよね。風邪がほぼ治ってきたので4日前ぐらいから絵とブログを再開してますね。今日はウォーキングも行きました。OK!

1月の頑張り (中間)

1月のルーティンがほぼ半分、明日で3週目に突入です。知らない人の為に書いておきますと「ウォーキング」「ブログ」「おえかき」といった感じの3つの日課を作ってやっておりまして、はい。それが今、何%の達成率かって話です。それが実は100%なんですよね……。確かに若干の手抜き回とかありましたけど、やってるにはやってる。それに常人には簡単な事なのかもしれない(まぁ、出来る事から、という気持ちで始めた訳ですが)けど、なんだかんだ100%なんですよ。しかしですね、どうも頑張りすぎなのではないかと、ちょっと思うのですね、何の尺度でそう思うかっていうと「この2週間を連続24回、つまり1年スパンで出来るか否か」って考えた時に思うんですよね。マイルストーン的な休憩ポイントあってもいいですよね。そういう風にさっきまで考えてたんですけど「いつの間にか『そう思った事』をブログに書き初始めてる自分」にびっくり、ノリノリやんけ。結局今日のルーティンもやるみたいです。いいね。

あれからかれこれ1ヶ月半ぐらいになる訳ですが、感じてる効き目として「考えてるだけ」の時間が少しは減ったような気がしますね。「やろう、やりながら考えよう」って感覚が付いて来た気がします。例を出すと昨日の話なんですが。ヤフオクにモノを出品する際の事です。「どれを出品して、どれを出品しないか」と考え込んでしまいそうな所「とりあえず先に全部写真だけ取っちゃおう」って思って動き出せたりするんですね。次は「とりあえず値段決めちゃおう」とか。そしたら100件ぐらい出品してました笑。あと、やりたい事が増えたような気もします。

ちょっと大げさな内容でしたが、良い変化は小さい事ほど味わって感じて自信に繋げたいですね。

2019

明けましておめでとうございます。今年も引き続き、ルーティン頑張りましょう。ここで月の節目ですし、12月のルーティン達成率を発表します。ざっくり、結論から言うとおよそ「70.1%」ですね。6日ぐらいからまばらに3つのルーティンが開始されて、31日までに

  • ウォーキングが27回のうち20回
  • 絵が26回のうち15回
  • ブログが24回のうち19回
  • 全77回のうち54回

と言う結果です。表を使いたかったですね……。それは良しとして。このルーティンは途中で中だるみしてたんですよね。こういう時に完璧主義者っぽい所が「もう完璧じゃないから全部やめちゃえ」って囁く。でもですね、その時に思った事を自分に言い聞かせたんです。それは「お前のサボり量はまだ全体の10%にも満たないぞ!」って事です。単純な逆算ですけど、まず、じゃあ逆に何%達成したら自分を許せるか自分に問いました?僕は60%だと思ったんです。最初の1月目です、パーセンテージはだんだん上げればいい、そう思いまして。で、中だるみを感じた時はまだ8回しか休んでなかったんですね。その時は日割り計算じゃなくて30日で計算するつもりでしたから、30日×3つのルーティン=90回、その90回のうちのたった8回しか休んでない、お前のサボり量10%にも満たないぞ!って事なんですね。その後すぐに中だるみを脱する事は出来ませんでしたが、なんとか持ち直しつつあります、たぶん。んー、にしても23回も休んだか……。でも、これルーティン初めてなかったら達成率0だからね?では、今年もよろしくお願いします。では。

最近書こうと思った事まとめ

そもそも

そもそも、「毎日書く」ってのが意味があって、まとめて書いてもあんまり意味ない気もします。が、1つ1つが小粒と言う事もあり、今日はまとめて放出します。

不安に真っ向勝負を挑まない

いや、もうタイトルだけで十分なんですが、不安に真っ向勝負で勝負しちゃダメですよって話です。これはパターンにもよりますが特に真面目なタイプの人間に起こるんじゃないでしょうか。ちょっと不真面目に不安から逃げた方が程よい事はあると思います。理由は「不安は集中して感じると、不安が倍増していくから」です。言い切ってしましましたが、ほぼ間違ってないと思います。しかし、注意、これは「不安を感じるな」と言う意味ではありません。感じた不安は何か危険や過ちなどのサインである場合が多いはずですので感じないとヤバいです。問題は、感情的に受け取らず理性的に受け取る事ですね。感情で受け取ると対策をするのも考えるのもぐちゃぐちゃになってしまいますので、理性で受け取って、ちゃんと対処しましょう。

武井壮さんの話

あの人結構面白い、すごい人生送ってるんみたいなんですけど、それだけあって面白い話をしてくれる人です。YouTubeで聞きました。そこから1つだけ。あの人は若い頃自分の「調子が良い時と悪い時」を自分で分析してた頃があるそうです。毎日毎日、体温や気温や湿度、気圧とか天気だけじゃなくて何食ったとか、色々記録し続けたらしいです、項目は憶測ですけど、体温は言ってた。それで、調子が良いと感じている時と、悪いと感じている時と、それぞれ照らし合わせて自分を知っていったそうなんですね。僕の話で言うと、僕は学生時代「なんかだるいな〜」って事がよくありました。なんか頭痛いような、目が痛いような、頭部全般に常にズーンと重い痛みがあったんです。それは「その体調が悪い時」には「常に」あったから当時の僕はその痛みにさえ考えが至ってなかったと思います。なんとなくだるい、けどだるい事にも気づいてない様な感じでした。それが高校ぐらいの時か、ふと気づいたんですね、これ口内炎のせいだ、と。口の中って神経が多いから痛みにすごい敏感で口内炎がずっといる事で頭部全体がズーンと重い痛みがあったんですね。それに偶然気づいたのはただのラッキーでしたが、そういう事を能動的に探しに行ったのが武井さんなんだろうなって思います。延いては、ベストの状態をキープし続ける事につながっているんでしょうね。

やりたいトラップ

みなさん、やりたい事あると思います。でも、やりたかった事が今はやれる様になりたい事になってしまった人もいるんじゃないでしょうか。いや、僕がそうなんですけど。昔は絵を描いてるのが単純に楽しかったですよね、でも今は楽しくないことの方が多いし、描きたくないぐらいまで思っちゃう。けど昔みたいにまた描きたい。そういう思いです。仮にコレを「やりたいトラップ」と名付けました、「やらなきゃ」って感覚に近くなってほとんど「やりたくない」になります。これ、ちょっとよく分かんないんですけど、あるんですよ。「やりたくないのにやりたい」ってやつ。で、これって絵は割と発生しやすいんじゃないかなっていう話です。軽くシステムを考えてみます。まず絵ってどういう時が楽しいかって、やっぱり上手にできた時だと思うんですよね。でも、そこを見てるとつまらなくと言うか、辛くと言うか、そう言う状態になりがちになる。たぶん「上手くかけた!」っていう勝率が出てくるからかな?そこで思います。昔は上手く描けなくてもなんでも楽しかったかなぁ?と。実際の所はもう忘れてしまいました。でも仮に、昔は上手く描けなくても楽しんでたとしても。それが一生続いたら絵描きの鬼だろ。たぶん、描き続けるにはちょっと違う形のモチベーションが必要なんじゃないかなぁ……?

気分とは

これってもしかしたら当たり前かもしれないんですけど、気分って「体調」じゃないですか?もちろん「体調を崩した」時に「気分を悪くする」とも言うのですが、それってどっちかって言うと両方とも「体調」の方を指していますよね。ここではさらに、「気まぐれさんの気分」も「体調」から来てるんじゃないかって話です。お腹の張り具合とか、眠気とか、筋肉量とか、色々。結局、たぶん気分と体調はシームレスに繋がってる。

楽しい感覚

さっきの「やりたいトラップ」とも繋がって来ますけど。結局僕らが長く走れる様になる為には「楽しむ力」がたぶん最強なんですよね。実際どうやって楽しんでいくか、ってそれはまた今度にしましょうか。

描く準備

「やれるようになりたい事」は「まだやれない事」みたいな事を過去に描いたと思いますが。「やる」だけが「やる」じゃなくて「やる準備」も「やる」に含まれてるよねって言う感じの話。「描く」だけが「絵描き」じゃなくて「資料集め」や「モチベ作り」も「絵描き」なんだ、と。

なぜ曲作りが止まったか

ちょっと前まで曲作ってましたよね。どうして止まってしまったんでしょう。これまた「やりたいトラップ」に近い話かもしれませんが、僕の場合「結果が出ないから」又は「結果が出てないと思い込んでいるから」でしょうね。僕はドコを見てモノを作ってるんでしょうねぇ。

モノを届ける

僕ら、頑張って良いモノ作っても、誰かに届けないと「モノを作ったとカウントされない」らしいです。自分の中でのカウントは取れても、人は目にしなきゃカウント出来ないもんね。だからちゃんと届けなきゃいけないよね。もう広報担当が欲しいよね。あと、「頑張って良いモノ作って誰にも届けない」と「良いモノじゃなくても並のモノでもちゃんと人に届ける」だったら後者の方がええんやで。

生産と消費

すごい人って作品を作る過程での物量がものすごいらしいですよね。じゃあ、その物量をを明日からアナタ真似出来ます?って言われたら、出来ないですよね。日頃鍛えた地力が違う。なら、僕らは出来る事から積み上げて、今10時間かかってしまう事を1時間に出来るようになるつもりで物を作らなきゃならない。そうやってすごい人に近づくしかない。今現在、「頑張ったから聞いてよ!」っていった相手が、自分よりもっと頑張ってる人かもしれない。そんな人に言ってもねぇ。自分のやつを聞いてもらう前に、自分が聞かせてもらわにゃ、ぐらいの話ですわ。なので地道に1つ1つやっていきましょう。感謝感謝。