私と絵

私は物心つく前からインドア派だったらしく「いつも屋内でお絵かきや粘土で遊ぶ子だった」と母から聞きました。
そのおかげで子どもにしては高い画力を持ち、時には市の広報に載るほどだったそうです。
小学生時代は金賞を連発。小さな子どもがテングになるには十分な理由ですよね。

高学年になってくると「評価」というものを気にし始めます。
どうしたら良いモノになるかと頭ばかりひねって、しだいに手は動かなくなっていきました。
なんだか悩ましい時期を過ごしているうちに私は小学校を卒業しました。
それからは絵を描くことはほどほどに、なんてことない中学生を過ごします。

高校生になったときには絵を描くのが好きだったことは忘れていました。
部活動を決めるためにいくつかの部活を見た後、一応見てみようと立ち寄った美術部室。
そこで私は絵が好きだったことを思い出しました。
絵の具のにおいや描きかけのデッサンを見て「ここしかない!」と入部を決めたのです。

久しぶりに帰ってきた絵の道。でもそれは楽しい時間だけが待っている訳ではありません。
大きな問題は私の鼻がまだテングであること!
高校生、大学生にもなれば上手な人は本当に上手。
高すぎるプライドと画力が同じぐらいになるまでは時間がかかりました。

その後も描くことを休むことはたくさんありました。
嫌になったり、他のものに興味が沸いたりしながら続けてきた絵。
さほど上手くはないけど、今では仕事でイラストを起こしたりします。

仕事外でも自分の絵をSNSに投稿しているおかげで、同じ趣味の創作仲間と出会えました。
そうして、いろいろな作品と自分の作品を見くらべてみると、少し自分を感じられるような気がします。
自分の好きな事で自分らしさを感じられるっていいですよね。
私は絵のそういうトコロがすきです。

ライティングのヒント

私はデザイナーですが、ライティング業務も一部任されています。
特別勉強してきた訳ではないので苦戦しますが、せっかくなら上手に書きたい。
そう思いながら仕事上で添削を受けていると、
上手に書くためのヒントが見えてきました。

気持ちのディテールが少ない

これは会話でも言われたことがあります。
感想を言わない。事実だけを言う。
読者は「それでどう思ったの?」と首を傾げるかもしれません。
それについて私はこう思います。
「あ……なんか……すんません……ww」
感情表現が上手くないのは、まるで千と千尋のカオナシですね。

断言しない

できるだけ断言しない言い方に逃げがちだと思います。
たぶん、言い切る事の責任から逃れたいのでしょうか?
これは良くない癖だなと最近気がついた気がします。
できるだけ言い切る言葉で書きたいと思っています。

伝える順番が適切でない

初見の人が順番に情報を得ていくことを意識しましょう。
自分自身は何度も推敲しているので気づかないままになりがちです。
入口となる前提があるなら最初に書く。
「全部読んだら分かる」と逃げない。

以上最近のライティング事情でした。

クオリティに満足できないあなたへ

ななゆびです。

頑張って頑張って0点にしている、と言う話。

世の中のモノはとても手をかけて作られています。
かっこわるいモノからかっこいいモノまで全部。
世に出回るモノの平均点、それが0点です。

我々クリエイターが着手する時、まず-2000兆点から始まります。
数々の無理難題や理不尽を超えて-25点ぐらいまで来たら許容範囲。
よく頑張りました。
時々50点ぐらいまでいきますが、そんなときに限ってボツになり、
代わりに15点ぐらいのものが通っていきます。

世の消費者は、マイナスの概念なしに0点は0点だと思っている場合があります。
でもクリエイターはみんな知っています。
あなたはたくさん手を焼き、労力をかけて0点にした。

プロの世界は甘くはないが、誇ってもいい立派なことです。

ペンタブでデザイナーやってます

ペンタブで仕事する理由

まずはイラストを起こす仕事があったから。
もう一つは、当てがわれたPCのマウスが壊れていたから。

結果、私はペンタブデザイナーとなりました。

ペンタブの良いところ

  • 絶対座標なのでクリックしたいところまでの移動が慣れると早い。
  • ちょっとした手書きオブジェクトをすぐ描ける

ペンタブの悪いところ

  • スクロールホイールがない
  • クリックは丁寧にしないとドラッグになりがち

ペンタブでの操作ポイント

  • 右クリックは「control + クリック」で。
  • スクロールは「スペース」を押しながらハンドツールにしてドラッグ

マウスもペンタブも一長一短だとは思いますが
併用もなかなかいいんじゃないかと思います。

落とし穴

先に、良いところとして移動が早いと書きましたが
移動が早いからといって全部クリックでやってると遅いですよね。
つまりショートカットを覚えないでいい理由にはならないということです。

色のキャラクター

デザイナーになってすぐは
「色はそれぞれ違いはあれど、その価値はトレードオフ」と思っていました。

例えば、一つの完成した赤系のデザインを、青系に変えても成立すると思ってました。
実際は調整が必要になってきます。

様々な色はそれぞれキャラクターがある。
意外に使いやすさはアンバランスなんです。

赤系

強調の意味が強い色、特にアマチュアの中では。
使いやすい色ですが、やりすぎるとくどくなります。
真っ赤はとても強いので使いどころはここぞという時に。
基本色として使うなら少し柔らかくした赤がオススメ。

青系

スッキリかっこよく使える。
寒々しくなってしまわないように気を付けましょう。
青系は意外と幅が広く、青緑系までリーチできます。
それでもキレイにまとまる印象。

黄色系

一番使いやすいキング・オブ・サブカラー、大体どんな色にも合います。
白地の上に黄文字とかは無理なのでやっぱりサブカラー。
明度が高いので、CMYKの場合マゼンタを少々混ぜて使いましょう。
メインで使う場合は意外とグレーなどをサブに持ってくると良い感じ。

黄緑、オレンジ

赤や青ほど強くはないけど十分にメインカラーとして使用可能。
ピンクや水色と同等、といった印象。
若干柔らかいので合わせるサブカラーに幅があるかもしれませんね。
この2色の組み合わせも好きです。

紫系

難しい色です。使い方を誤ると悪趣味な感じに。
紫系は出来上がりの印象に大きく影響を与えます。
ですので狙った印象に向けて用途を意識して使いましょう。
金や白と合わせて「和風高級感」黄色と合わせて「スポーティー」といった感じ?

茶系

黒との微妙な差あることを利用すると効いてくる。
色でグルーピングする時に同等レベルだけどちょっと意味の違うものなどに使うと効果的。
地の文は黒で、詳細情報は茶といったふうに。
もう一つの黒といった印象。

グレー系

白と合わせて上手く使って幅を作りたいですね。
真っ白と明るいグレーでちょっとした前後感を作れます。
また、色と色の間に挟んでクッションとしても使える。
ハレーションを起こしててもグレーがいれば安心?!

黒系

アマチュアさんは気にしない部分だと思いますが、黒って結構種類があります。
正直使いこなせないですけど可能性感じます。
また、地の文を少し明るくするだけでも全体の重みが変わります。
これから気を付けていきたいですね。