あるあるデザインまとめ。の使い方

こんにちわ、ななゆびです。
こないだ作成した「あるあるデザインまとめ。」という画像の使い方をお知らせします。

結論からいうと、忘れてる技を思い出すリストです。

これ↑なんですけど下↓の書籍の目次のまとめなんですよね

ほいで、この目次の絵、つまり文字の配置とかの「よくある技」に名前をつけてる、って本なんですね。
小技を使いこなすのはそこそこ経験がいるとは思うんですけども、
とりあえず何か組むときにこれを思い出して見て、この技の中から1〜3ぐらいで良いので技を使ったりやめたりして収めていくんですね。
結構小技って慣れた方法ばっかりやっちゃって、使わない引き出しは忘れがちなので、そういうやつです。

今回のアイキャッチは「太枠に入れてみる」と、まとめにはないですが「縦書き横書き混ぜる」みたいな感じです。
これに決めるまでに「アーチって素敵」とか「ふにゃふにゃで切り抜く」とか使ってたんですけどゴテゴテでした。

ロゴ提供しました。

こんばんわ。わたぬきわたさんのブログ「生き恥を晒せ」のロゴ作成、提供しました。

https://www.asm.onl/
「生き恥を晒せ」
私の名前、および各種URLへのリンクが、ロゴ制作者として公開されております。

毛筆感、などの情熱?
原初的な生の衝動が全面に出るデザイン、ということで。リテイクなしのサックリ案件でした。

やわらかグラデーション

こんにちわ、今日はデザインテクニックを開発したのでご紹介します。

まずはアイキャッチをご覧ください、どうでしょうどちらがやわらかいでしょうか?
たぶん、右ですよね。
これって何が違うんでしょう?ご説明します。

左のグラデーション

これは普通のグラデーションです。
まったくの透明から、100%のマゼンタまでのまでのグラデーションですね。
なんか輪郭が見えちゃってツルツルカクカクって感じですね。

右のグラデーション

一方こちらは柔らかいグラデーションで、なんだか筆のタッチも感じません?
ん〜どうだろう?
これは普通の透明から100%マゼンタのグラデーションを10%まで透明にしちゃって(つまり10%)
それを20枚ほどずらして重ねています。
それによって輪郭が円でなくなりぼんやりするわけですね。

ココナラにてデザイン受注しました

こんにちわ、ななゆびです。
ココナラにてデザインの受注ができましたのでその話を書きます。

仕事が舞い込んでくる事はまず無いから、自分から提案する。

そもそも、発注者さんが依頼を投げる時に、ビギナー受注者さんは実績数が少なすぎて依頼する訳がないですよね。
だから自分から提案を投げましょう。
ココナラさんは発注者側からの依頼もやってるみたいなんで、そこからですね。
ランサーズでやったことはあったのですが、実際に仕事を取れたのは初めてでした。
仕事は自分から積極的にね。

発注者さんが欲しいものを提案する。

今回、発注いただいたブリコラブログさんが私を評価していただいた部分でもありますが、
「自分がいいと思うもの」じゃなくて「相手が欲しいもの」にウェイトを置いて作るという当たり前のやつ。
相手の立場になって考えてみよう、なんて耳にタコができるほど聞いてきた言葉ですが、
実践してる人は多くはないようです。

やりとりは体得していきつつ、きちんと対応

私もネット受注は初めてですからわからない事は多いです。
でも、性格的な部分もありますが、普通に誠心誠意やっていれば問題は起こらないはずです。
そりゃあ、不慣れなうちにやりとりが上手くいかずリテイクが増える可能性はありますが、
それぐらいなんですかっていう気持ちで。
売れっ子じゃないので、信頼を得るまではきちんと下積み頑張りましょう。

好きな事だから頑張れるやつ

ここで無理って思ってしまうのであれば、もっと好きなものを探したほうがいいのかもしれません。
僕は、手数は多いけど好きな事で稼ぐ感覚はとても嬉しい事でした。

ブリコラブログさん紹介

Bricolage(ブリコラージュ)という、かき集めて自分で作る。という意味合いの単語を冠したブログです。
知識の渦って感じでしょうか?はい。

https://bricola-blog.com/

デザイン品評

ということなので、最初はフォントをかき集めたものを作ったんですね、
最初と最後は別物になってるんですが。
でも、この時点でブログコンセプトを拾ってる人が少なかったようでした。
みんな結構、我が強いんでしょうか、人のこと言えないけど。
最終的には最初のようなデザインとなっております。

なんかそんな感じで完了しました。
ちなみにココナラさんって25%持っていきますのでなかなか……笑

ロゴっぽいやつの話

どうも、おひさしぶりです。ななゆびです。
ロゴっぽいやつを作ったやつについての話を、今日はしようと思います。

と言っても、そう凝ったものではないです。
「筑紫A丸ゴシック、ボールド」っていう最近気に入ったフォントを使ってるだけなんですが……

そもそもフォントを作った人はやっぱ全体的に美しく見えるように作っているはずです。
そんじょそこらの人間が短い時間でチャチャっと勝てる訳がないぐらい洗練されています。
ロゴ作ろうぜ!っても普通に洗練されたフォントには簡単には勝てません。
僕はそれは当たり前だと思うし、筑紫いいじゃん、かっこいいじゃんって思うし、全然使ってやったらいいと思います。

ただし、フォントはその文字たちで何を書いても美しいように平均的に整えられてます。
(音楽で言うと平均律みたいな?)
なので、「う」「さ」「ぎ」「さ」「ん」という五文字で、この並びで並んだ時の最高の状態は、手を加えてやる必要があると言うことですね。

まぁ、結構最近までそうは思ってなくて
「最強のプロフェッショナルが集まって作ってるんでしょ?最強じゃん!」つって加工は必要ないものだと思い込んでた時期もありました。

今回のアイキャッチはその加工内容を示していますので、ボンヤリ眺めてください。
トラッキングとカーニングの違いは調べた事ありますけど、忘れました。

最後にロゴの使用感ツイート。