設定を保存できるやつら、スウォッチ、文字スタイル

作業をするにあたってよく使う設定を呼び出す仕組みは便利なものですよね。
ゲームで言うと「お気に入り」機能ですね。
ソートした時にお気に入りしたものだけ優先的に並ぶあれです。
今回はそれ周辺の話です。

スウォッチ

スウォッチはパレットの様なものと捉えてます。
色、グラデーション、パターンなどが保存できます。
加えてプリセット集でもあるらしいので、プリセット呼び出せば配色の手間も省けます。

ついでに、スウォッチの設定で「グローバル」ってのにチェックを入れると、その色から白までの中間色を指定できる。
つまりC50M5Y100K0が薄くなったやつは?
C?M?Y?K?ってならなくなる。
アミカケ?というやつ?グローバルの意味は知らないけど、便利。

文字スタイル、段落スタイル

まだ使いこなしてないですけど存在は知っています。
文字の管理は基本的にまとめて選択して設定をイジったりスポイトする事で複数のテキストオブジェクトの設定を統括しているのですが、設定を変更したい度にまとめて選択して変更しなければなりません。
文字スタイルや段落スタイルを適用しておけば、スタイル側を変更するだけで、適用されているテキストオブジェクトがすべて一斉に変わるので楽みたいですね。
いずれ使いこなさないといけないなと思っています。
あ、スウォッチも同じくスウォッチ側をイジる事で適用されているオブジェクトの色が全て変わりますね。

グラフィックスタイル

今見つけました。こんなものもある様です。
おそらく同系統の機能ですね。

これもどっかで管理出来そうですね。
グラフィックスタイルに含まれるのかな?

最後にスポイトの話

と、そのオブジェクトたちの細かい要素の設定を管理する話でしたが、これらはスポイトで設定をコピーできます。
たとえば、「適当に用意したタイトル文字2」を選択した状態で「太さW6に設定したタイトル文字1」をスポイトすると、簡単に「太さW6に設定したタイトル文字2」のテキストが作れます。
文字を選択してシェイプをスポイトすれば「色」と「線」の情報を吸い取ったり出来ます。
吸い取る情報はスポイトツールをコントロールクリックで選べたと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です