人と人との間でデザインを仕事にする

今回で7回目となりました、デザイン編ですが、ここまではアプリケーションの使い方の話がほとんどだったと思います。
それは今までに得た知識の話であり、特別勉強した事ではないです。
とりあえず「今持っている武器」を書き出した様な話です。
これからは、たくさんの「まだ知らない技」習得していかなければならないと思っています。

今回の話もスピードを上げる為の話ではあるのですが、「デザイン」というより「仕事」という話です。

正直、何か本を読んで「こうだ!」って話じゃないですし、こうしたほうがいいよ、とかそういう話でもないです。
ただ「このままだとこうなっちゃうんじゃねぇか」って不安から僕がやりがちな事とかを書いてるだけだったりします。

確認を取る

とにかく確認を取る。確認を取るのは本来時間を割く事なので遅くなります。
しかし、確認不足で完成させたものがすべてやり直しになってしまったりしたら、その仕事の作業量は無駄に2倍へと跳ね上がります。

大した事ないと思う事も会社にとっては大問題かもしれません。
逆に上司からも確認を取られたいぐらいですよね。
なのでこまめに、確認は取りたい所。
なのですが問題があります。

それは「モノなしで話を擦り合わせてもラチがあかない部分がある」事です。
デザイナーはモノを作る仕事ですから、モノなしで意気投合したって形にならなきゃ意味がない。
むしろ逆に意気投合してなくっても、モノを作ってそれをきっかけとして意気投合しなきゃいけない。
方向性の擦り合わせの為に早く確認を取りたいですが、モノを作る時間は0には出来ませんのでバランスを見ていきたいですね。

仕える

所詮は新人なんですから過度に期待されてる訳がないです。
それどころか逆に「こいつは出来るか出来ないか」判断されている所です。
まずは信頼を得るしか道はないですから、しっかり「仕える事」と思ってます。
「任される」のはその後ですから。

人の動きを見る

この人はこう動いてるんだな、、あの人はこう動いてるんだな。
決定権はあそこにあるんだな。
ここからここの間がネックなんだな。

そうやって組織の流れを見ますね。たぶん。

結論はビビってて怖がってる

確認を取るのは、ある程度の「責任」を決定権の持ち主に負担させてますよね。
自分の責任を減らして安全圏に行ってる。
まぁ新人だけどさ。

仕えるってのも別に好きでやってる訳じゃあないですよね。
組織内での立場的に従うのは当たり前だし。
ちゃんとした関係性を維持したいからですよね。

人の動きを見るのもどっかのヒズミがパンクしないかビビってる訳かな?

結局人と人との間に仕事は起こりますから。
人と接してモノを作って仕事をするってのは超初歩ですよね。
正解もないし、それぞれのやり方があるし。
しっかり空気を読むか、無視して一人でいるか。
いろいろやり方はありますが、人を見るのは明らかに不正解ではないと思ってます。
その上でどう振る舞うかは自分でよく考えないといけないなぁとは思いますが。

よくわかんないけど以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です