イメージ上のテキスト

結構前ですが、写真の上にテキストをのせる時に、テキストの可読性を落とさないようにしようと調べたことがあります。
要は、明度、彩度、色相の差で字が見えたらいいんですよね、と考えていました。
そして最近知りましたが、輪郭がハッキリしているものとしていないものでも差を作れるみたいですね。
可読性というか、視線誘導的な事かもしれません。
なんかフォーカルポイントと言うそうです。
解決方法はいくつかあるそうなので、時々により空気読んで、選んで使いましょう。

1.テキストとイメージの間に色を敷く。

一番初心者っぽい方法ですね、上手く使えばカッコよくキメられるはずです。

2.影を落とす。

ハッキリした境界線を持つ色を敷くわけではなく、背景にグラデーションを置いて緩やかにテキストスペースを確保します。
ドロップシャドウもこの類の物と思っています。

3.背景をぼかす。

イメージの輪郭がボケるだけで一気にイメージが背景っぽくなり、テキストに目が行きます。
しかし、ドロップシャドウ程度のサポートはある方がいいかもしれません。
それと、イメージがハッキリ見えないといけない場合は使えません。

4.白黒イメージと色文字

グレースケールイメージにして、その上に彩度の高い文字を置くとかいいんじゃないですかね。

5.その他、イメージとテキスト絡める

文字がイメージのオブジェクトの奥へ隠れていたりとか。
イメージに密度が必要ですが、太めの文字のシェイプでイメージが切り抜かれていたりとか。
基本を重ねて総合的に色々やって面白くする所だと思うのでここぞと言う時にバシッとキメたいですね。

なんやかんや、自分で触ってやってみるしかねぇですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です