イメージ先行でいいはず

「こういうグラフィックを作りたいな」
って思った時に、知ってる知識だけでは上手くいかなかったりしますよね。
結局、手書きで……ってなったら知識はいりませんが、愚直に丁寧に描くのは時間と集中力がいるようなところあると思います。
これはパソコンが出現してから、という訳ではなく昔からあるようです。

大昔の油彩画家についての話で、その画家のテクニックに言及された話を聞いた事があります。
筆でごくごく細い線を描くのには限界があります。
そこで、所定の色で先にベタ塗りをしてしまい一度乾かしてしまいます。
その上に別の色を乗せ、乾く前に細くひっかく事で下の色が見える。
コレによりとても細い線が作れるらしいとかそんな話だったはずです。

これをしなかった場合は、1度描いた黒線を白で削って……
削り過ぎたら黒で足して……
なんて繰り返してたら時間も神経もすり減って行きます。

これって道具の使い方であって、もうソフトウェアの使い方と大差ないですよね。
愚直に筆とキャンバスと絵の具だけではだめ、愚直に一定のブラシと消しゴムだけではダメなんでしょう。

今回のアイキャッチは、記事内容から作らずに好きにアイキャッチを作ってから本文を描いています。
「こういうグラフィックを作りたいな」
と思ってやってみる時、過去にどっかで見た記事をうっすら思い出しながらやるのですが、上手くいかなくて結局調べる。
でもそれでいいと思います。
というか、全てを覚えてからデザインするんじゃなくて、デザインをイメージしてからその達成方法を考えたらええんちゃうかなっていうやつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です