文字詰め

デザイナーとなって間も無い頃の文字組みといえば、ずいぶんとおかしな判断をしていました。
何を根拠としていたのか、文字間をたっぷり取ってスカスカにしていたりして……

それを、デザインに詳しく無い人に見せると素直な反応が帰ってきます。
ガサツな人ほど、素直に帰ってくるかもしれませんね笑
でも、それはかなり参考になる反応です。
その人の言う事が的を得ているとは限りませんが、その人の反応はほぼ本物です。
その人が違和感を感じないようになって、どうでも良い所に口出し始めたら、そこで基礎が出来てきたと考えて良い。みたいな?
とにかく、アマチュアは消費者の目線なので、一番相手にしなきゃいけない目線ですよね。
彼らの目線をコントロールしてこそ、デザインですよ。

文字詰めには色々と設定があります。
そのなかで、カーニングの件です。

カーニングには「自動」「オプティカル」「和文等幅」があります。
photoshopでは「自動」は「メトリクス」と書かれているそうですが、似たようなものっぽいです。

私は「オプティカル」を進んで使っていました。
「自動」言葉からって機械的な処理のイメージがあったんで、「オプティカル」がちょうど良くしてくれてるのかなと思っていたからです。

でも実際は逆で、「自動」はそのフォントに埋め込まれたカーニングデータを元にして組むようです。
そのデータがない場合「自動」は機能しないようです。
その場合「オプティカル」で機械的に導き出して詰めよう。
という事らしいです。

他にも「Open type」「プロポーショナルメトリクス」などの設定があるみたいなんですが、今日はここまで。

最後にカーニングの練習ゲームが出来るサイトを紹介します。

https://type.method.ac