私から同人誌作りたい人に

こんにちは、ななゆびです。
今日はちゃんとした記事を書こうと思って、若干人気のある同人誌系の記事を書こうと思います。
といっても、1回しか同人誌は作った事がないので、初心者の方向けだったり、
ちょっと考え方のような方向にズレてお話しします。

結論:紙に印刷するなら特別なものに!

例えば1枚のイラストを紙に印刷したものと、それの画像データ。
みなさんはどっちで欲しいでしょうか。

同人誌は作者にとって思い入れのあるものですから、特別なのは当然ですが、
同時に買い手にとっても特別でなければ売れませんよね。
売らないとしても、同人誌を作ってイベントで座る以上受け取ってもくれない可能性があります。
なので、本当に良いものにしないといけない。

そこで「データで欲しい」なんてならないように「紙」である事や「印刷」である事などを強く意識しなければなりません。
「これはデータじゃ無理なんだ、本で欲しい。」
それが紙の生きる道なのかと思います。

私からの宣伝

という事で、私「RICH BLACK」という本をうっすら作りたいと思っています。
構想を書いておきます。

みなさんリッチブラックって知ってますかね、これは印刷業での用語です。みなさんが今見ている画面はRGBというレッド、グリーン、ブルーで構成された色なのですが、印刷ではCMYKというシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックで構成されます。
ブラックはKが100あれば良いのですが、これはスミグロと呼ばれ、ガッツリ黒くないんですね。リッチブラックとはK100にC40M40Y30とか混ぜて、もっともっと濃くしたブラックのことを言います。これは印刷物特有の表現であり、RGBのディスプレイにはないものです。なので、印刷する本にするならリッチブラックをテーマに作りたいと考えました。紙でやるなら リッチブラックの特性を楽しめる一冊にしたいと思ったのです。

引用:自分のPIXIV FAN BOX

https://www.fanbox.cc/manage/posts/1330743

紙らしい事をってのは分かったが

紙でやるなら紙らしい事をというのは分かったけど、やはり地力は大切。
例えば私の場合「紙らしいRICH BLACKを使って何すんの!」という「何」の部分が地力です。
切り口は良いんすよ。リッチブラックで描きます。で?何を?っていう。

と、久しぶりに「RICH BLACK」の事を思い出して、
ここ数日模索していた絵柄との掛け合わせを出来ないか考えて見ますね。
正直、豪奢なイラストを用意するのは難しい、画力を上げて物理で殴るには華奢すぎるので、
ここでもアイデアで勝つしかねいですね。

紙らしい事をってのは分かったけど……
続きはまた今度。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です