ノンダイアトニック

ノンダイアトニックコードっていうんですよね?7つのダイアトニックコード以外の借用コードや代理コードの事。最近それを勉強したんですよね。なんとなくコードのつながりはパズルのピースのように繋がるものと繋がらないものがあるって意識で、その為に自由な組み方は制限されていて、無茶するとド素人の暴走みたいな謎な事になる。って思ってました。でも意外とこれが繋がる……。繋がった先にはもっと繋がらなかったコードが繋げられるようになる……。すごくね……?!ってなりました。さらにですよ。繋げ方では明るいと言われているメジャーコードが暗く聞こえるんですよ!明るいものは明るい、暗いものは暗い、とガッツリと先入観を持っていた訳ではないんですが、実際目の当たりにしてびっくりしました。まるで隣り合った色や面積で色合いが変わって見える色の扱いのようです。試しにGM7の後のF#を弾いてみましょう。なんかモヤっと切ない感じが出るかと思います!そんな感じ。あと、そうだ。メロディですよ。メロディが自由になるんすよね、たぶん。単品で聞いたらおかしくてもコードで補強して独特なムーブキメれる!って訳ですよね、たぶん。以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です