私と絵

私は物心つく前からインドア派だったらしく「いつも屋内でお絵かきや粘土で遊ぶ子だった」と母から聞きました。
そのおかげで子どもにしては高い画力を持ち、時には市の広報に載るほどだったそうです。
小学生時代は金賞を連発。小さな子どもがテングになるには十分な理由ですよね。

高学年になってくると「評価」というものを気にし始めます。
どうしたら良いモノになるかと頭ばかりひねって、しだいに手は動かなくなっていきました。
なんだか悩ましい時期を過ごしているうちに私は小学校を卒業しました。
それからは絵を描くことはほどほどに、なんてことない中学生を過ごします。

高校生になったときには絵を描くのが好きだったことは忘れていました。
部活動を決めるためにいくつかの部活を見た後、一応見てみようと立ち寄った美術部室。
そこで私は絵が好きだったことを思い出しました。
絵の具のにおいや描きかけのデッサンを見て「ここしかない!」と入部を決めたのです。

久しぶりに帰ってきた絵の道。でもそれは楽しい時間だけが待っている訳ではありません。
大きな問題は私の鼻がまだテングであること!
高校生、大学生にもなれば上手な人は本当に上手。
高すぎるプライドと画力が同じぐらいになるまでは時間がかかりました。

その後も描くことを休むことはたくさんありました。
嫌になったり、他のものに興味が沸いたりしながら続けてきた絵。
さほど上手くはないけど、今では仕事でイラストを起こしたりします。

仕事外でも自分の絵をSNSに投稿しているおかげで、同じ趣味の創作仲間と出会えました。
そうして、いろいろな作品と自分の作品を見くらべてみると、少し自分を感じられるような気がします。
自分の好きな事で自分らしさを感じられるっていいですよね。
私は絵のそういうトコロがすきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です