ライティングのヒント

私はデザイナーですが、ライティング業務も一部任されています。
特別勉強してきた訳ではないので苦戦しますが、せっかくなら上手に書きたい。
そう思いながら仕事上で添削を受けていると、
上手に書くためのヒントが見えてきました。

気持ちのディテールが少ない

これは会話でも言われたことがあります。
感想を言わない。事実だけを言う。
読者は「それでどう思ったの?」と首を傾げるかもしれません。
それについて私はこう思います。
「あ……なんか……すんません……ww」
感情表現が上手くないのは、まるで千と千尋のカオナシですね。

断言しない

できるだけ断言しない言い方に逃げがちだと思います。
たぶん、言い切る事の責任から逃れたいのでしょうか?
これは良くない癖だなと最近気がついた気がします。
できるだけ言い切る言葉で書きたいと思っています。

伝える順番が適切でない

初見の人が順番に情報を得ていくことを意識しましょう。
自分自身は何度も推敲しているので気づかないままになりがちです。
入口となる前提があるなら最初に書く。
「全部読んだら分かる」と逃げない。

以上最近のライティング事情でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です