クオリティに満足できないあなたへ

ななゆびです。

頑張って頑張って0点にしている、と言う話。

世の中のモノはとても手をかけて作られています。
かっこわるいモノからかっこいいモノまで全部。
世に出回るモノの平均点、それが0点です。

我々クリエイターが着手する時、まず-2000兆点から始まります。
数々の無理難題や理不尽を超えて-25点ぐらいまで来たら許容範囲。
よく頑張りました。
時々50点ぐらいまでいきますが、そんなときに限ってボツになり、
代わりに15点ぐらいのものが通っていきます。

世の消費者は、マイナスの概念なしに0点は0点だと思っている場合があります。
でもクリエイターはみんな知っています。
あなたはたくさん手を焼き、労力をかけて0点にした。

プロの世界は甘くはないが、誇ってもいい立派なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です