3月ルーティン(予定)

ウォーキング

足の筋肉が少し痛いのでウォーキングを減らします。隔日にします。ウォーキングが無い日とある日を比べます。半月様子を見ます。なくても良さそうなら無しにしようかと思っています。

ブログ

ブログは毎日をキープます。しかし、いずれはカテゴリを絞りたいと考えているので3月の僕には何か感じ取っていただきたいものですね!怒

2月20日に描いたイラストはnoriくんという方の「うちの子」で、僕がネタに困ったので募集したら飛んできた子です。この子の絵がいい感じだと思いました。細かく言うと、僕が今できる事の範疇でのいい感じ。

それとほぼ同じタイミングぐらいに、替え歌のツイートが流れて来て。それに感銘を受けました。それは歌詞の一部の「4枚あったらそれは本」という部分でした。自分が描いてるものが乱雑なものなのだと気づいて20日の絵のシリーズを作りたいと思った。

そこからシリーズ化させようと21日〜24日までなんかそれっぽくしようとしてましたが、上手くいかず。ちょっと考えてみて、服装を調べて描いたら良いんじゃないかという事で、やってみたら正解。25日、26日の絵が出来上がりました。

急ぐ訳ではないですが、このシリーズの絵をぼちぼちとある程度、8〜20枚ぐらいの量を生産したいです。サイズは大きく描いているのでたぶん印刷できます。本に出来ます。したいですね。名古屋コミティアがターゲットです。(本当?)

アニメーション

某音屋さんを意識してアニメーションを5カットほど作ります。映像提供の話に現実味をおびさせます。

2月ルーティンの振り返り

「ウォーキング」「ブログ」「絵」のルーティンワークが開始されたのが12月の末、そこから12月の日割り達成率、1月の達成率を出し、ついに2月の達成率も出そうという時期になってきました。現在の2月の達成率は100%で、ほぼ勝ち状態となっております。やはり100%の数字は一つのクリティカルヒット意味しているので、妥協して95%みたいな事はできればやりたくないと思っています。このパーセンテージは「自己効力感」の化身だと思ってやってますが、そうでなかったとしても僕の元には「めんどくさい事に取り掛かるスピードが早くなった」という成果が残っています。

勝ちがあるものには負けがあります。この勝負に勝つ意義を感じる為にも負けた時の事を想像してみたいです。2月の達成率が100%を取れなかった場合、僕のモチベは下がりますでしょう。ベストな負けは「まぁでもよく頑張った」と次のステップに行く事です。次にマシな負けは、3月も同じ事をして100%を狙いに行くのかと思います。そして最悪の負けは辞めてしまう事です。

僕にとって100%は必要なものだったか?正直なところ別にそうでもないです。むしろ「ベストな負け」の流れの方が柔軟で良いんじゃないかってぐらいです。でもまぁ、2月までのルーティンはとにかく「続ける事」を大事にしてました。そうすると必然的に100%に近く訳ですから100%取れそうだったから取りにいった。それでいいかなと。

んで、「続ける事」を大事にしてました、ってのがミソかもしんないんですけど、その為に2月ルーティンの質は一定ではないんですね。それは深くは追求せずにとにかく続けた1か月でした。

「ボツネタまとめ」を通して

今日は「ボツネタまとめ」します。

・「自分でお金を発生させてない自分が不安?」って、そりゃ不安だよね、社会で生き抜く力が欲しいね。
・創作する人で「今は作品を産み出したい気分じゃない」って事で「作品を産み出さない」という判断をできる人すごいなぁって。僕なんていつでも何かに追われてる様なもんなんで。
・アドバイザーというかメンター的な人が居たら、どんどん前に進めるんかなぁ?って思うけど、人は前に進む為だけに生きてる訳ではないんだろうなぁという。
・いつかこのブログのジャンルがハッキリしたらブログの名前変える。
・メモに「インプット足りない」「インプットめんどくさいマン卒業」って書いてあるけど、どうやってインプット増やすかは書いてない。思うえばブログも絵もアウトプットだから何か見るルーティンがあった方が良さそう。
・「画風を定める」って書いてあるけど、それって結局、僕がこれから何をしていくかによる。漫画描くならモノクロに強く、アニメやるならシンプルなやつ、とか。なのでまだ定まらねぇ。
・「信じようと思って信じてる」って信じるor信じないの二択から選んでるけど、「信じてる」って一択。
・稼ぐ為に頑張った分と稼ぎは必ずしも比例する訳ではない。
・「コンビニ人間」を読もうと思ってる。
・よくわかんないけど僕は稼ぎたくない訳じゃなくて、むしろ稼ぎたいのに「稼がない選択」を取り続けてる。このメモは今はよくわからない。
・ちょっとコラボとかしたいと思ってんだったら、とりあえずコラボしたいポーズ取らないと周りのみんなに認識されないよね。
・けっこう前だけど、寝る時に「疲れた〜……ん?っていうか、めちゃくちゃ充実してて楽しかったなオイ!」ってなってちょっと驚いた。
・ネーム大賞には過去2回出した事あるんですけど、両方pixivにあります。
・ごく単純だけど、仕事って、要は「やった方が楽な面倒事」かなって。
・これからの時代、どうしても衰退する方面での活躍を希望するのは大変なの丸出しだから望まない方がええんちゃうか。って。
・命は大切。だけど「エリクサーをラスボスまで持ってって使わない」みたいにしていては勿体無い。命は燃やすもの(理想)
・ネーム大賞出したいと思うけど、漫画だけがやりたい事、漫画こそがやりたい事、とかそういう訳ではない。ぬるい。
・「自分は損しちゃうけど、相手が得する事」を自主的に選んで、相手から信頼の様なモノを得ようとする傾向がある。よって私は貧乏。
・昔は小学生の親たちがベルマークを集めてウンタラカンタラ。っていうその作業無駄じゃね?って思った(だいぶはしょった)
・何か専門的な技術を得る学校とかでビリに居ても、社会の一般人を含めれば十分専門家なのでは?しかし、それ以上に社会は無差別級だと思う。プロみたいな素人、素人みたいなプロ。
・お金を稼がず、時間を作って独学するより。お金を稼いで、そのお金を払って、教えてもらった方が成長早いのでは。
・下から出てくる才能がこえぇ、っていう感覚もう、ほとんどないよね。
・職場で給料の話って基本ダメなの?それって会社の都合じゃないの?
・この前書いたけど100%はやりすぎ。続かなくなっちゃうから80%ぐらいを設定したい。
・「昔の俺を見てる様だよ」ってあんた、それ先輩に言っちゃダメでしょw
・本とかCDとかって1冊500円とかじゃなくて5冊500円とかなんか、布教用に多めに売ったら問題あるかな?
・UNDERTALE買ったけど、やる時が来るかはわからない。
・物語の最中で辛すぎるエピソードがあると読めない、読みたくない、ってなる人も多いらしいけど、わかる。
・「人を喜ばせるのが好き」は「人を喜ばせられる俺が好き」ではないのですか?
・CROQUISって書いてあるあのクロッキー帳の表紙にイカした絵描いてるのかっこいいなーって。
・努力量って「苦しんだ量」じゃないと思います。「いかに賢く自分を強く出来るか」みたいなそんな感じやと思います。なので「努力が足りない」っていうのは……
・ひと昔前の娯楽に使ってたお金が、今は携帯電話の料金に、みたいな感じのツイートみて、あー……と。時代の変化で人の動きも変わる訳ですよね。
・僕は人を楽しませるのが好きな人間ではないなぁと思います、ほんと。自己中心的なんやわ。
・月一で短いアニメ作れるかな?作ってどうする?

1行メモのボツネタを2〜3行にして羅列しました。1つ1つの意味がわかんなくてもしゃあないっす。問題は……なんでしょう?ブログなんて考えてる事の氷山の一角って事ですよね。ボツで埋め尽くされた毎日。ぬるぬるぬるぬる過ぎていく毎日。作品になれなかったたくさんの毎日。う〜ん。

ふてくされそう

今日も長い間寝ていました。昨日書いてなかったと思うんですけど、もしルーティンサボったらどうなるんか、ちょっと怖いんですよね。とりあえず2月のカレンダーを○で埋める事を目標としてきて、ここでサボって穴を開けると、次は3月に持ち越しになる。その3月は2月のにあてたモチベの残りで乗り越えなきゃいけない、最悪辞めちゃう。とか、2月のカレンダーに穴を開けて自分を責めるかもしれない。とか、わかんないですけど、良い方向には転ばないだろうとは思います。

なのでいつも早め早めの行動をしてたと思います。それが今日なんて14:00まで何もしてなかった。布団の中で「ああ、ついにカレンダーに穴開けるのかな……」とか思いながら。

今日は、まぁ休んでみたんですよね。必要以上に休んだ。12時間以上休んだと思います。それでまた元気になるなら安いもんですが。

ふてくされてしまう

こんばんわ、ここ数日間でルーティンワークを続けるのがちょっとだけキツくなってきたという話をします。

結論から言うとキツくなる結果、精神的にふてくされてしまうのが問題です。

なんでキツいか、ウォーキングで疲れてるのか?っていったら疲れてる時もあるんですが、疲れながらも歩くのはそんなに苦じゃないんです。キツくなる原因はたぶん朝にスッと起きれない状態になってきてる事にあって。10:00過ぎまで寝てたりします。それが月火水金なら、スケジュールを遅らせるだけで解決するのですが、木土はそうはいかず夜まで作業を持ち越す事になってしまったり、日曜日はルーティンをクリアするタイミングがなくなってしまう可能性があります。

とにかく眠く、ずっと布団に入っていたい気持ち。で、布団にずっと入ってるのって何か乱れを生じますよね。時間も無くなるし。

22日の話ですがその日の事を思い出して見ます。たしか昼前まで寝てた。「逆回りのウォーキング」をしました。「書く事がない」っていう趣旨のブログを書いた。「でっけぇ猫の絵」も書きました。でも、何か満足を得られず、夜になると「今日何も作ってねぇな〜」って気になってきます。DAWとか開いたり閉じたり何回もしちゃったりして「今日中に何かしなきゃ」って気持ちになってきます。もちろん数時間で出来ないレベルの物を作ろうとします。でも、出来る訳ないからインスピレーションを求めて人様の作品を見ると「ああああ〜」って嫉妬とかそういう気持ちが湧きます。「もう、寝るのが一番だな」と思いつつギリギリまでそれを続けます。

こういうのはたまにあるんですが、コレに関して「あ、それはこうだよ」っていう答えをお持ちの方はぜひ教えてください。

ところで今現在、2月のルーティン達成率は100%でして、むしろ漫画も読んでたから150%ぐらいの勢いなんですね。コレについて3月になったら描こうと思ってたんですけど「頑張り過ぎ」なのではないかと思わなくもないです。やってることは大した事ないんですけど、休みが無いのは良くないんじゃないかなぁ〜って、どうかわかんないですけど。

というか、ここまで書いてやっと自分が「ルーティンの不調を前提に睡眠の不調があり、その上にふてくされがある」と仮定していた事に気づきますね。そもそもルーティンは特に大きく変わってないよね。

まぁ、でも睡眠はここ数日変わったよな〜って思うんですよね。睡眠を乱す事何かやったかなぁ?(未解決)

書く事がない

そんな時は「書く事がない事について」書きましょう。

そもそも逆に「書く事がある状態」って、一体ドコに書く事があるんでしょう。僕は基本的には「メモ」ってアプリのトコに書いていっています、iPhoneとiMacで連動させてるんでどっちかを編集すると片方も編集されるヤツです。そこに書いてある物がブログの記事の候補になってます。

ところが、メモに長い事居るけど一向に記事にされないヤツがいるんですよね。たぶん記事にする程の事じゃないメモなんでしょうね。30ぐらいメモがあるんですけど、コレもコレもとスルーしてると書く物が無いんですね。

で、そのメモに居る「書く事」ってドコからやってくるの?って、まぁ日頃の生活と、自主的なインプットでしょうね。起きてりゃ何か出来事は起こるし、何かモノを見たら思う所1つぐらいあるでしょう。そうなんです、たぶん最近インプット少ないし、午前中寝てたら出来事もないし。そりゃ、書く事ないわっていう。

無理に記事を書く必要はないと思うけど、毎日描く努力をしないのはまた違うと言うか。

まぁ、なんだ、今日の記事はハズレですね。そう言う日もあるよ……。

毎日絵に思う所

毎日絵がなんとなしに作品っぽく仕上がってる気がするので、ソレについて。pixivの2月19日、20日。加えて1月17とかの画風です。

作品っぽくとは言っても、これらって大した事はやってないし、どれもほとんど同じ事をやってるだけなんですよね。ただ、作品ぽくなる様な「ポーズ」を取っているつもりではあります、いわゆる「見せ方」ですかね。

これって、一つの「スタイル」という感じの物ですので、この方法ばっかりやっててもクオリティは上昇しないですよね?そうでもないか?熟れてはくるか?でもま、同じ事ばっかりやってても新しい発見は少ない。

しかし、たぶんスタイルがはっきりしているとウケが良い!実験絵や落書きと比べれば見栄えが良いですもんね。

というか、同じ事を続けてやっと「〇〇の人」みたいな認識を得られるんですよね。そうなんすよ。だから描き方コロコロ変えてちゃみんなもどう見たら良いか分かんないわ。

それから、前々から考えたかった事なんですが、「上手さ」ってあるじゃないですか。あれって、どういう条件下にあるかで結構変わって来ますよね。漫画の様にたくさんの絵を期限内に描かなきゃいけない場合の上手さ、アニメーションの様に動きとしての上手さ、油絵の重厚な上手さ、ラフの上手さ。他にもアイデアとしての上手さとかもあると思います。で、「自分はどんな上手さが欲しいのか」が定まってない状態って良くないですよね。さっき言ってた「描き方をコロコロ変える」って事ですね。

何か「自分はこういう絵を描きます」というモノを、今すぐハッキリさせろとは言わないんですが、いずれはハッキリさせないといかんですね。色々描けるってのは武器ではあるとは思いますけど、大概のパターンは作家性、オリジナリティが大事でしょう、と思うのです。

それで、例えば「山口晃さん」とか、認められるまで似た物をずっと描いてたんじゃないかなぁって思います。想像ですけど。他の画家さんもそうです「この人はこういう絵描きなんだ」ってなるまでは、いつか認められると信じて似た物を量産し続けていたのでは、と。そうでなくて突発的に認められて「あ、俺コレ描けばいいのね……?」ってパターンもあるでしょうけど、ずっと描き続けた画家さんの方が多かったんじゃないでしょうか。

今、僕がどんな絵を描くかって全然定まってないんですけど、しばらく似た絵を描こうか、って思ったんです。(出来るかな……?)なぜなら、同じ事を続けている内に自分を知っていくと思うんです。「あ、オレこういうの好きなんだ……」って。コレはコロコロ変えてたら気づけないんじゃないかな?

なんかそんな話。

さよならダンボール解説2

前回は動画内のストーリー裏設定的な部分をお話ししましたが、今回は制作意図とか、表現したかった心情とか的なやつです。たぶん。

始めから「こうしようという意図」があった訳ではないのですが、音と歌詞から感じた事をまた曲にフィードバックを返す、を繰り返していく中に意図的なものはあったでしょう。

全体の意味をネットスラングっぽく言うと「グズグズしてたら引きニートみたいになっちゃってたから本気出した俺、無事死亡」って感じです。まぁ、そんな感じですよね。

ダンボール(姉)にとっての出荷時のダンボールは、秘密基地(?)的なニュアンスを含みます。小高い丘のてっぺんに置かれたダンボールは(もはや秘密ではない)誇らしいもの、宝物、みたいな物で、しょうもねぇプライドの様な物でもあります。たぶん「サッカー選手になりたい」とか「宇宙飛行士になりたい」とか、そういうやつ。そこから見る「煌めくあの光」は活躍してる大人達です。自分もいつかそこで活躍できるという期待でワクワクしている。

あれから、グズグズしてたら街に出るタイミングを失ったダンボール(姉)(どういう事かは過去の解説参照)今だに小高い丘の上でボロボロのプライドにしがみついている状態ですね。何もやってこなかったダンボール(姉)は、琴(妹)と違ってボディも成長してませんね。今頃「煌めくあの光」の中で自分も活躍しているものだと思ってたんでしょう。でも、そんな事なかった。取り返しのつかない時間を棒に振っちゃって、どうしようもねぇ、手も足も出ねぇ。でも、行かなきゃなんないから一念発起して街へ向かう。その時、出荷時のダンボールの破片を持っていく。プライドは捨てきれない、そんな感じ。

街を歩くダンボール(姉)はもうド田舎者です。不安でいっぱい。本来なら何段階かステップを踏むべき所を、直で大穴に向かいましたね。引きニートがいきなり大手企業の面接を取り付けた様なもんです。

いよいよ大穴に突っ込んで行ったら大怪我しますよね。でもヒヨッコ野郎が謎の根性を発揮して頑張ってるのって応援したくなるよね。琴(妹)もそう思ったと思います。

一方、琴(妹)ってどんな気持ちになってたんでしょうかね。自分が不良品と知らされた時とか。不良品じゃないのにダラダラ遊んでる姉が憎いとか。でも姉のいい所も知ってるから憎めないとか。たぶん、ダンボール(姉)よりも感情の振れ幅は大きかったんだろうなぁって思います。

そんな感じでして、なんでしょうね、「引きニート」に例えはしましたが、他のものにも当てはめて考えられるかもしれませんね。僕の場合「引きニート」がしっくり来てるんですけどね。そういう、何かを意図して作った感はあります。

言葉と事実

昨日の是は、今日の否。先日「ボカロ卒業制作」とか言ってましたな。そういう事を考えたのは間違い無いです。でも、そうなるかは別の話です(え?)じゃあ、軽く書くなよっていうのは、たしかに、そうですけど。要は「どうなるかはわかんないね」っていう……。

という事で、今日は言葉と事実の話について思う事をついでに話すんですけど、そもそも言葉って事実とは関係ないですよね。例えば、頭上に空があって青かったとします。あぁ、青いなぁ。って時にそれを表す為に、「あ」「お」って音を続けてあの空の色と関連づけた、ついでに「青」って形を「あお」という音と関連づけて記録もできるようになった。でも「あの空の色」と「あおという音」「青という形」たち。これらは全然関係ないし僕らが決めた事ですね。(だから言葉は浮いていて(?)「赤い青」なんて矛盾した表現も出来てしまうけど、現実にはそんな状態ないし)多分こうやって文明的なものになって言ったんでしょうけど、だんだん行き過ぎていきますよね。例えば、「責任」とか?「保証」とか?なんていうか、ねぇ、僕らの中にしかねぇよなっていう。じゃあ、それらは要らない物かっていったら、無いと人間らしく生きれない気もしますけどね。

にしても、「言ってる事」と「やってる事」に対してみんな一致を求め過ぎてませんかねぇ?どうかなぁ、僕が言ってる事は無秩序過ぎるかなぁ?言動一致してる人の方が信頼されるのも理解できるしなぁ。結局なんだろう、元々言動は一致させようとしなきゃしないけど、させた方が色々信頼とか得られるし、一致させれるならさせた方がいい。でも、そんなシッカリした人多くはない。なのにシッカリした人を基準にみんな判断してしまって「嘘つき」がいっぱいに見えちゃうのかな?でも本当は「普通の人」がいっぱいで、一部の優秀な人間が「言動一致してる異常者」なのかもね。

でもね……

でもですよ、やりたい事があるのは良いですよ。それに向けて頑張るのも良いです。もし、そのやりたい事が上手く行くのであれば何も問題ないんです。でも、沼の様にはまってしまう一方で何も成しえない様な事になったら、そのやりたい事の為に不幸になったら意味ないよね。

タバコだってやめられなくなったりするし、DVとか、いじめとか、パワハラとか世の中非合理的はたくさんあります。やりたい事が輝いていてもそれは恐ろしい黒光りかもしれないですよね。仕組みは、いわゆる苦行者と近いのではないかなって思います。「私のやりたい事、それこそが私の人生においての全て、楽しくなくとも問題ではなく、この苦しみこそが私の人生!」みたいななんか価値観狂っちゃったら辛いだろうなって。なんかありましたよね「貧乏じゃないと強くならない」とかなんとかそういう話、なかったっけ?ねじ曲がってますよね。

絵が辛いなら楽しむ方法を探してもいいし、辞める方法を探してもいいはずなんだと思います。