SEOを考慮した上でブログを書いてみて思った事

個人的な結論を先に言うと、ブログにおいてSEO知識はオマケで、基本的には書きたい事を書くべきだと思いました。

どうも、ななゆびです。「ブログを頑張ってみよう」と思って、過去の記事を「未分類」に投げ込んでSEOを意識した記事を作り始めました。

それは「同人活動編」を書き出したあたりからの記事です。参考にしたサイトなどはたくさんありますが、スラッグだのパーマリンクだの、文章の構成だの色々調べて書いたつもりです。その効果が出たのか「同人イベント サークル参加 持ち物」とかで35位ぐらいとか。まぁ3単語ですけどね。そうやってしてきて思った事のまとめです。

思った事

メリット

  • 勉強が楽しい
  • ブログらしい書き方が分かる事でGoogle検索で出やすくなるかも
  • たとえブログを書かなくなったとしても知識として頭に残る
  • ワンチャン収益化を狙える

デメリット

  • 勉強がめんどくさい
  • 定石通りに書きすぎると、書く方も見る方もつまらなくなる
  • 結構時間を食う

書く人が先か、読む人が先か

SEOの知識を踏まえてブログを書くってどういう事かって、要はアクセスを伸ばす事が目的となりますよね。んで、アクセスを伸ばしてどうするのってなると、「収益化」か「広報活動」みたいな感じだと思います。他にも何かあるかな?

収益化を狙う場合は最終的にアフィリエイトみたいな事するんでしょうか。良い記事がGoogleの1位を取ってると結構お金になるらしいよね。どんなキーワードで頑張るかとかも考えなきゃいけないですね。みんなが見てるキーワードで上位を取りに行く、っていう感じですよね。読み手ありきって感じ。

広報活動の場合は自分が知らせたい事を書けばいいんすよね。ついでにSEOでちょっと整えてターゲットを広くとる感じ?書き手ありき。

極端に言うと、読んでもらう為に書くのか、書いた物を読んでもらいたいのかみたいな、そういう奴が発生します。実際はバランスでしょうか。

僕の場合

「ブログがんばろーっと」ってなった僕は書ける事や書きたい事をまずイメージして、さらにそれを読む人をイメージして、書きました。

サークル参加についての記事にしよう>サークル参加初心者向け>マナーや持ち物費用など

これは良い流れと思います。良い勉強になりました。でも
「”同人イベントでの持ち物、マナー”とかで検索したらいっぱい出てくる似たような記事を自分も書いて上位を目指す。」
ていうのが虚無感でつまらんかったですね。

まぁ、でもつまんないと感じて記事を書いてても誰かの役に立って、それがお金になったら面白いって感じるでしょうし、つまんない事自体は悪でもないですけどね。

余談

余談ですけど、「ブログで収益化を目指すブログ」みたいなブログがアフィリの事とかしか書いてない。みたいな見かけましたけど。無を取得みたいな謎感ありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です