僕らはガマンする事でお金をもらってる訳じゃない

って言ってたのが糸井重里さんだった気がします。

僕らはガマン大会をやって一番ガマン出来た人に賞金をあげてる訳じゃないですよね。
自分のできる事、相手のできない事。
自分のやりたい事、相手のやりたくない事。
そういう事などで手伝いをして対価を得ているはずです。

お金をもらう事と、楽しんで仕事をする事は矛盾しません。
キレイ事ですけど、ウソじゃないです。

WORDファイルから画像だけ抜き取る

入稿された画像データがなぜかWORDに埋め込まれた状態で入ってくる時があります。
いや、過保護すぎるでしょ!

なぜか「抜き取れる」と思ってなかったので、スクリーンショットを撮るか、画像のみを再送してもらうか、公式サイトから取るか、諦めるか、とか色々なパターンをやったことがありました。
書き出すなんて方法もあるかもですけど、なぜか調べなかったですね……
結構ちゃんと調べるタイプだと思うんですが、頭に思い浮かばない場合は全く調べられないので。

そんなこんなで、先輩に教えてもらったんですけど「.doc」を「.zip」に変えて解凍する。

というウソみたいな方法を教わりました。いやぁ、笑ってしまいましたね。

BLACK COLOR

事実かどうかは分からないですけど、現代の日本では残業は45時間ぐらいやってて普通ぐらいですね。
近年はブラックだホワイトだなんだかんだ言いますけど。
やっぱ残業代が出ないならそれはブラック企業と言えるはずです。

でも逆にあなたは給料分の働きを出来ているか、そして残業させて業務をこなしてくれてありがとう!と言われるほどの力量を持っているでしょうか?
そう聞かれたら正直NOな方も少なくないのではないでしょうか。

そうなるとやっぱブラック社員なるものが存在してる様にも思いますが、どうなんすかね。

「本気じゃないよ、本気だよ」

「オレはまだ本気じゃない」というのは
「もっと丁寧に時間をかけてやれば品質を上げられる」とか
「条件が揃っていればより良い結果が出た」とかそういう意味であって
わざと必要以上に手を抜いて「やれるけどやらなかった」わけじゃないですよね?
もし、わざとなら、なぜやらなかったのか。

時間や条件が足りなかったから良い結果が出なかったと言うなら
今度は、倍の時間をかけて再挑戦してましょうか。
でも、あなたより良い結果を出してたアイツは前回の倍の結果を出すでしょう。

それが「あなたの(そのコストでの)限界」で本気ということ。

知らない間にもうすでに本気。

まぁ、でも「自分はクズなんで」とかいっていじけない事。
余計にクズになっちゃうよ。

位置で整理する

これは普通かもしれないですけど、整理する時に「位置」で把握したりしますよね。
PCで言う所の、いわゆるGUI(Graphical user interface)的な。
なんとなく「あっちの部屋だったな」とか「この棚あたりだな」って感覚ありますもんね。

パソコンでデータ管理してるとめちゃくちゃ大量のデータを管理しますよね。
それこそ大まかに位置分けしつつ、フォルダ階層が深くなってしまわない様にしたい。
けど、平たく大量に置いてても気持ち悪い。

これって結局、自分の行動を観察して、パターンに合ったフォルダ組みが要求されます。
要は、自分だけの行動心理学ってか、行動経済学ってか。
言うなれば自分行動学ですね。

あ、結局何が言いたかったかって言うとですね、パソコンの画面は移り変わるじゃないですか。
フォルダのウィンドウに入れておいてもウィンドウを閉じたら、見えなくなってしまう。
フォルダの奥底にしまえば、見失ってしまう。
「名前で検索したらいいじゃんww」ってそれGUIちゃうやん。
名前も大事だけど、むしろソートの効果が強いかなぁ。
21.5インチの液晶の瞬間的な限界はだいたいA4用紙2〜3枚かもねっていう話。

以上。