プロの仕事

「プロフェッショナル」は「職業的」らしいので、「プロの仕事」は「頭痛が痛い」みたいなもんです。

それはそうとして、プロフェッショナルはアマチュア以上の技術や知識をもってないとダメそうな雰囲気もありますが、実際アマみたいなプロもいればプロみたいなアマもいるですよね。きっとそう。

そうすっと、上手いのにプロになれなくて、もがいてるのがむなしくなる人もいれば、平気な顔で楽な仕事でお金がもらえる人もいる。
そうなんじゃないかと思います。

最終的にはどうやって「仕事にするか」にかかってる気がしますね、上手い下手じゃなくて、自分のやってる事をどれだけ商品に仕立てられるか、みたいなそんな気もする。環境が良いと仕立てなくてもやってる事が商品になっちゃうんだと思います。

条件が良くて成功してる人は、どんなに努力しても覆せない環境で必死になってる人を簡単に「努力不足」と切り捨てられるだろうし。
条件の所為にして努力を諦めた人は、成功者を悪人だと決めつけるやろし。

いや、そもそもお金を稼ぐのに善も悪もない気もするよね。
イベントでコピ本を売って手に入れた500円と、おごって貰った500円は、どちらも「500円」で価値は一緒。
仕事である以上「円」がベースで動いてるから「嬉しい」とか「楽かどうか」では補いきれないものがある。
楽しいからって時給100円だったら楽しくないよ。
キツくてつまんなくても時給10000円だったらちょっと楽しいよね。

僕らは自分の人生の時間に値をつけて、やるかやらないか決めてんの?

でも、「自分が生きてるついでに円が発生する」っていう仕組みがあったらいいなって思う。それを実現したいよね。
無茶言ってるつもりはない反面、無茶だとも思います。

自分をほっといたら絵描いたり、曲作ったりすんの。それが円になったらいいの。
でも、遊んでる様なスピードじゃダメなんでしょね、モリモリ作らなあかん。
でもそれが「自分が生きているついで」にならないんなら、ついでじゃなくなるね。

意味がわからん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です