「仕事って何?」とかたぶん一生わかんない。

今回の話は、僕が過去に患っていた状態に近い人がいたらその人に向けて、といった風に記事を書こうと思います。
っていうかただの身の上話……。
患っていたのは「仕事って何?」という病です。
今も患ってますけど。

仕事って何?

僕はかなり昔からずーっとその点を睨みつけていたように思います。
高校生ぐらいには仕事への意識が高まりすぎてどっかの漫画サイトにHP制作の営業かけた事あるぐらいです笑
今思えばほぼ不登校の高校生がよくやったと思いますよ、もし話が進んでしまったらどうするんだって。
それからずっとどうしたら仕事ができるか、理解しようとしていたと思います。

一丁前に会社勤めしたくないとか思うし、個人事業主とか憧れるし、なにかの形で誰かに価値を提供できるんじゃないかって思い込んでるし。
まぁ、今もそんなに変わらないですけど。

金銭を以って認められたい。

僕にとっては仕事は社会的に認められる証かな、とか思ってました。ようわからんけど。
あながち間違ってないですけど、実際別に最初から社会に否定されてる訳じゃないはずですよね。

とにかく、お金は後でもいいから認められたい。
そんな気持ちは大学でも強かったので、図書館の返却用カードのデザインをさせて欲しいと館長さんに声をかけて作らせてもらった事があります。(何人か引き連れて)
館長さんは優しい人で、むしろ喜んでるかのようにデザインを承諾してくれました。
作品へのツッコミもちゃんとありましたけど。
僕の作ったものは点線で切ると付箋になるカードで、返却する日付を伝えるものに本を読む人の利便性を測ったものでした。
点線を点線カッターで手作業で付けるから大変だったんですけど、たぶん好評だったんですよね。

それを使っている生徒を何人か見て嬉しい反面「だから何なんだ」という気持ちもありました。

就職したくない

怖すぎてたまりませんでした。
実際、あの時点であんな野郎が就職しなくてよかったと思います。
絶対社会でやってけない。
高校がほぼ不登校でしたから中学から飛んで大学2年間だけなんですから。
人の言うこと聞かないし。

がむしゃらにアニメーター

友人のツテでアニメーターをやりました。
絵を描く事が好きなら絵を描く事を仕事にすれば、より上手くなっていけるはず。
そう思って10ヶ月働いて手に入れたのは1700円ぽっちでした。
これは仕事ではなく、仕事にお金は欠かせないものでした。

バイトとか、契約社員とか。

バイトは初めてではなくて実は高校時代にやってました。
今思えばひきこもりを外に連れ出してくれた友人は命の恩人レベルだなと思います。
あと、契約社員で工場勤務してみたり。
しかし、まさに「生業」という感じで「いずれどうするか決めなきゃいけないんだよなー」という思いと、「なんでこんなにお金が簡単に入ってくるのか」というアニメーターとの比較もありました。

デザイナー

そして最近デザイナーのはしくれとなりました。
あんなに会社員が怖かったのに今は怖くなくなってるのはバイトなどのクッションがあったからかなぁと思います。
遠回りですが出来る事からやるしかなかったんですね。
今の会社には不満もありますし、決してベストの状態ではありません。
その反面、有難い感覚もありますし、勉強になることもたくさんある。

結局

たぶん僕は仕事アレルギーだったのかもしれませんね。
なんだかんだ時が解決してくれる事はたくさんある。
正直、こうこうこうしたから僕は今働けてます!とかじゃなくて
むしろ、今でも働くってどういう事かわかんない。
一方、たぶん昔より働く事が何かわかってる気もします。
でもやっぱり、「仕事って何?」とかたぶん一生わかんない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です