伝わる文章は結論から

あなたは自分の、話し方や作文で損をしていると感じた事はありますか?
私はめちゃくちゃあります。
それはもう鬼の様に。
今回は効果的な文章の構成についての話です。

まず結論から書く。

そのまんまです。
この記事も「「結論から書く事」が結論ですよ」と記事タイトルで最初に書いています。
まずは着地点を先に用意してしまいます。
その後に「なぜ、そうするのか」の根拠を書いていきます。

結論から入る事は聞き手にとって理解しやすい

結論から入った時、聞き手は「それはどうしてか?」と疑問を持ちます。
その根拠を説明して疑問を解消する。と言う流れは聞き手に沿ったプロセスだそうです。
どうやら「考える技術、書く技術」という本にて書かれているそうです。

書き手の書きたい流れと、読み手の読みたい流れ

それなのに、聞き手に沿って書けないのはいくつか理由がありそうです。
僕らはつい、自分の頭の中の流れのまま書いてしまいたくなるものです。
しかしそれは往々にして書き手に沿ったプロセスであり、聞き手に易しくありません。

そもそも読んでもらえるキッカケになる

自分の知りたい事が書いてあると解るタイトル。と
自分の知りたい事が書いてあるのか解らないタイトル。
そのどちらにも同じ事が書いてあったとしても、あなたは前者を読むはずです。
みんな、知りたいものを探しているんですね。

SEO対策でも言われてる

理由はひとつ上と同じですが、ブログなどのSEO対策でも言われている事です。
これって実はネットが出てきてSEO対策なんて言われて意識してるけど。
本が売り物になった時点で発生してたのでは……?

読み手にとって、一種のカタルシスがある

これは自分の経験上の感想であるのですが、いい文章は読んでいて気持ちのいいものです。
その気持ちいい感情が、言葉の並びそのものから得られるなら、その文章は効果的です。
おそらくですが、結論から始まり疑問を解消する構成は一つの様式美で、一種のカタルシス的なものを呼ぶのではないかと思います。

例外として、結論から書いちゃダメな文章もあります。

それは「推理小説」です。
しかし、面白い事に例外にも例外はあるんですね。
それは犯人を先に言ってしまう推理小説です。
「刑事コロンボ」や「古畑任三郎」が有名です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です