「褒める」について

人を褒める事は多いでしょうか?僕はあんまり褒めません。なんか偉そうになってしまうかなって感じます。でも「良いね」ってぐらいのはある程度言います。

「褒める」って、自分はどうなんだ、人様を褒めるほど立派なのか、とか考えて気が引けてしまっていると自分が超人になるまで褒められない。謙遜は良いこととされてるけど、自分に厳しくした結果、人には優しくできなくなっちゃったという事でしょうか。

たぶん、そんな様な控えめな気持ちは割と建前で、本当は自分が褒められたいだけ。でも、そればみんな思ってる事。我先に、となってるのかも。

すごいね!えらいね!と言ってくれる人は自身も未熟なはずであるのに褒めてくれる。それは一枚上手の大人だってだけ。逆に褒めてる方が褒められた人間かもしれないね。

「褒める」ことで相手は元気になれる。言わば言葉のプレゼント。誰からも褒められなくてもプレゼントを振りまいてる人……居るよね〜!立派な人だよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です