ロゴっぽいやつの話

どうも、おひさしぶりです。ななゆびです。
ロゴっぽいやつを作ったやつについての話を、今日はしようと思います。

と言っても、そう凝ったものではないです。
「筑紫A丸ゴシック、ボールド」っていう最近気に入ったフォントを使ってるだけなんですが……

そもそもフォントを作った人はやっぱ全体的に美しく見えるように作っているはずです。
そんじょそこらの人間が短い時間でチャチャっと勝てる訳がないぐらい洗練されています。
ロゴ作ろうぜ!っても普通に洗練されたフォントには簡単には勝てません。
僕はそれは当たり前だと思うし、筑紫いいじゃん、かっこいいじゃんって思うし、全然使ってやったらいいと思います。

ただし、フォントはその文字たちで何を書いても美しいように平均的に整えられてます。
(音楽で言うと平均律みたいな?)
なので、「う」「さ」「ぎ」「さ」「ん」という五文字で、この並びで並んだ時の最高の状態は、手を加えてやる必要があると言うことですね。

まぁ、結構最近までそうは思ってなくて
「最強のプロフェッショナルが集まって作ってるんでしょ?最強じゃん!」つって加工は必要ないものだと思い込んでた時期もありました。

今回のアイキャッチはその加工内容を示していますので、ボンヤリ眺めてください。
トラッキングとカーニングの違いは調べた事ありますけど、忘れました。

最後にロゴの使用感ツイート。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です