BLACK COLOR

事実かどうかは分からないですけど、現代の日本では残業は45時間ぐらいやってて普通ぐらいですね。
近年はブラックだホワイトだなんだかんだ言いますけど。
やっぱ残業代が出ないならそれはブラック企業と言えるはずです。

でも逆にあなたは給料分の働きを出来ているか、そして残業させて業務をこなしてくれてありがとう!と言われるほどの力量を持っているでしょうか?
そう聞かれたら正直NOな方も少なくないのではないでしょうか。

そうなるとやっぱブラック社員なるものが存在してる様にも思いますが、どうなんすかね。

「本気じゃないよ、本気だよ」

「オレはまだ本気じゃない」というのは
「もっと丁寧に時間をかけてやれば品質を上げられる」とか
「条件が揃っていればより良い結果が出た」とかそういう意味であって
わざと必要以上に手を抜いて「やれるけどやらなかった」わけじゃないですよね?
もし、わざとなら、なぜやらなかったのか。

時間や条件が足りなかったから良い結果が出なかったと言うなら
今度は、倍の時間をかけて再挑戦してましょうか。
でも、あなたより良い結果を出してたアイツは前回の倍の結果を出すでしょう。

それが「あなたの(そのコストでの)限界」で本気ということ。

知らない間にもうすでに本気。

まぁ、でも「自分はクズなんで」とかいっていじけない事。
余計にクズになっちゃうよ。

動画「テクニカルサポート」の制作時間

さっそくですけど「テクニカルサポート」って言うタイトルの動画があるんですけどね?
ペタ

これがたぶん作業時間が多いのでその時の話です。

ずばり音楽の方はあんまり覚えてないですね1週間かかってなさそうに見えますが、初期の頃の作品なんで苦戦してたかもです。
問題はアニメーションの方の話です。

お恥ずかしい話ですが、この頃はたしかほぼニート状態だったか……
働いてたのは週1だったと思います。
その状態で、仕事がない日は毎日8時間以上は描いてました。
10時間12時間やってる日もあったでしょうね。
休みの日みたいなのは設けなかったですね、だってアニメーションがやりたいんだもんな。
むしろバイトに行きたくなかったです。
それが1月程続きました。
単純計算で「8×25=200」という事です。
1日1時間ずつ、ちょっとずつ制作してたら半年ちょいかかりますね。

結論:時間は棒に触れる

るいてれさンイザデにですは動行のら僕

。すまりあが話ないたみ、る見を体媒でれ流の字のZてしと識知のンイザデ
。すで果結のそこらかだ語言む読へ右らか左が語本日はれあ
しすでずはる辿を字Sの逆らな語言く書らか右
。うょしで事る辿らか下を字Zらなうか向に上らか下が行改にらさ

でンイザデ語言の式形ういと」語本日「はのるいてっ使がら僕
。すまいてし)読解(動行はら僕てっ従にルールのそ

くなはでルールたっあらか生誕球地もで事の前りた当なんそ
。すでずはるあでンイザデたっ作の間人、たきてれが継き引らか昔大んぶいず

。ねよすまき聞てんな、いならか分が方み読の画漫は人いなま読を画漫
。すでずはるあてっだ現表るれわ失かつい、しすまりあも現表るれ廃

。すまいてしもまれ生が現表いし新、り行流がノモたっ作がか誰、今てしそ

僕らの行動はすでにデザインされている。

位置で整理する

これは普通かもしれないですけど、整理する時に「位置」で把握したりしますよね。
PCで言う所の、いわゆるGUI(Graphical user interface)的な。
なんとなく「あっちの部屋だったな」とか「この棚あたりだな」って感覚ありますもんね。

パソコンでデータ管理してるとめちゃくちゃ大量のデータを管理しますよね。
それこそ大まかに位置分けしつつ、フォルダ階層が深くなってしまわない様にしたい。
けど、平たく大量に置いてても気持ち悪い。

これって結局、自分の行動を観察して、パターンに合ったフォルダ組みが要求されます。
要は、自分だけの行動心理学ってか、行動経済学ってか。
言うなれば自分行動学ですね。

あ、結局何が言いたかったかって言うとですね、パソコンの画面は移り変わるじゃないですか。
フォルダのウィンドウに入れておいてもウィンドウを閉じたら、見えなくなってしまう。
フォルダの奥底にしまえば、見失ってしまう。
「名前で検索したらいいじゃんww」ってそれGUIちゃうやん。
名前も大事だけど、むしろソートの効果が強いかなぁ。
21.5インチの液晶の瞬間的な限界はだいたいA4用紙2〜3枚かもねっていう話。

以上。