なぜコミックライブにサークル参加したか

僕の場合です。自分でまとめててよくわかんない。

本にしたいと思った経緯

その頃は、毎日1枚、何かしらの絵を描く事を日課にしていました。
特に一貫しない絵が積み上がっていくばかりでした。
詳細はpixivへどうぞ。

pixiv|ななゆび

その中で「1/17」の絵が出てきて、ちょっといいな、と思いました。

それから約ひと月たった頃「1/17」にも似た「2/19」「2/20」という様な作風の流れが出てきました。

「似た作風の物が並ぶと、一貫した作品集の様になるのか」と思い、何日か試行錯誤した後「ファションガール」というモノに着地しました。

この時「本になるんじゃないか……?というか、本にしたい……」と思ったのがきっかけです。

また、こちらのツイートが勇気づけてくれた覚えがあります。

コミックライブを選んだ理由

安直ですが、本になるならイベントです。
たくさんのイベントの中からコミックライブにしようと思った理由は下の通りです。

  • 距離が近い(遠征費が安い)
  • 規模が小さすぎず大きすぎない
  • 開催日時が近い(早く出たい)

ちなみに、イベント検索はこちらを利用させていただきました。

同人イベントNAVI

本当にサークル参加するのかはさておき、とりあえず3/24のコミックライブを下見に行く事を決めました。

下見当日

当たり前ではあるんですが、コミックライブで出展している人達の作品はマンガやグッズがメインでした。
よくわからないんですが、その全体の印象を肌で感じてみて「なんかちょっと違うかも?」となりました。

しかし、その一方で、「いいなぁ」というサークルさんも居ました。
ただちしゅんたさんという方のサークルで、ガチガチに活動してらっしゃいます。
当時のツイートをご紹介させていただきます。

僕はこの方に直接質問をさせてもらいました。
(質問の答えは書かないでおきます)

  • 活動はどれぐらいの期間続けているか
  • 1枚の絵にどれぐらいの時間かけているか
  • 1番時間をかけている段階は、アイデアなのか、線なのか、配色なのか

「なんだこの人……」って思われちゃったかもしれないですが、あの時は質問に答えてくれてありがとうございました。

コミックライブを見て

僕は実際にコミックライブを見て「参加し続ける先に何があるか?何かあるとしたらそれはどれぐらい先か?」といった事などを考えました。
こうやって考えるだけ考えておいて、最終的に手を引くのは僕の悪いパターンではありますが、結局、僕は参加はしないつもりでいました。

ちなみに、3/13の時点で「ファッションガール」の作画は終わっているので、参加しないとすると16枚のイラストはテキトウにアップロードするかと考えていました。

参加しないつもりだったが……

しかし、一連の話を伝えていた方からの「強め」の後押しを受ける事になりました。
僕は参加するなら何を作るか、どういう目的で行くか、などをもう少し具体的にして考え直しました。
すると現実味を帯びて熱が上がってしまい、そのまま参加する事になりました。

自分でまとめててよくわかんない。

こーんな感じの作品を同人イベントにサークル参加して配布した結果

コミックライブに出展しました。

先日、2019/5/6に僕はコミックライブin名古屋にサークル参加しました。
コミックライブとは、いわゆる同人誌即売会みたいなイベントです。
場所はポートメッセなごやで、ひと月半ぐらいの周期でやってるみたいです。
規模的にはたぶん300前後のスペースが毎回集まるみたいですが、今回は250スペース程でした。
僕は今回、「オリComi」というオリジナルジャンルのゾーンに出展しました。

ちなみに、 知らない人の為に僕の創作経歴を書いておきます。
昔から絵を描いたり描かなかったりしてたらこじらせてしまったおじさんです。
過去には、一応アニメーター、うさぎのゆるキャラを描く配信者、ボカロP、といった所でしょうか。
サークル参加経験が少しあり、冬コミサークル参加手伝い1回、デザフェスサークル参加2回、がありますが、最後に出たデザフェスから4年ほど経ってます……。
一般参加はたぶん2回。
今回、なぜ参加したかは、また改めて別記事で書こうと思いますが、基本的には「知ってもらう為に」行ったと言う事です。

どーんな感じの作品?

僕がどのような作品を配布したのかを見せないと、みなさんがなにかとイメージしづらい事と思うので、当日のスペースの写真でサッと紹介します。

出展スペースの写真
  1. みつどもえA5コピ本。手作り。24Pで16種のイラスト収録。500円。
  2. みつどもえA4ポスター。手作り。16種。300円。
  3. みつどもえポストカード。大量にある。無料配布。
  4. うさぎさん38mm缶バッジ。200円。
  5. うさぎさんTシャツ。2500円。
  6. うさぎさんポストカード。手作り。100円。

配布した結果

誰かの手元に旅立って行った作品は以下です。

  • うさぎさんポストカード1枚
  • みつどもえコピ本3部
  • みつどもえポストカード34枚

当たり前ですけど、作品が旅立っていく事で僕の頭の中では脳汁が湧きました。
そして、ゼロじゃなくてよかった……と思いました。

次回からは

今回は結果のみの報告となってしまいましたが、これに至るまでの細かな話がたくさんありました。
自分もほぼ初心者なので「こうしたら良いよ」と言う話はなかなか出来ないですが、
初心者だからこそ感じた事が誰かの役に立てば良いかなと思います。
それらひとつひとつの話はこれから不定期で記事にしようと思っています。

「ななゆびのブログ〜同人活動編〜」始まります

こんばんわ、お久しぶりです。これまでチョロチョロと活動内容を垂れ流していましたが。これからは同人イベントに参加する事で得た事、考えた事を中心に不定期更新したいと思います。事前にどんな事を書こうと思っているかリストアップしておきます。

・イベントでの販売価格
・私がイベントに出る目的
・「印刷所」と「手作り」の制作する量と費用
・僕らは何を売っているか
・制作したイラストの裏話
・シリーズ「みつどもえ」で得た事
・宣伝について
・趣味とは
・選んだ印刷所

上に書いてある事はぜひ記事にしたいですし、書いてない内容も思いつき次第足したいと思います。

イベントは5/6にポートメッセなごやにて行われます。

追加作画の細けぇ話

とりあえず印刷所に刷ってもらう分の作画だけでも完成させないといけないので、一番よくできてると思ってるファッションガールを用意します。いままで散々出てきた横顔の子です、これでいきます。それに追加の作画をしたいと考えていて「ファッションガール×ゆるキャラ×人工物」というコピー(?)を考えてました。

さて、それではパーツを作ろう。という時に。この一番よくできてる子にはクオリティをしっかり上げさせてもらいたいので、イイ感じのパーツを用意したいと考えていました。THEヒロイン、って感じ。なので、「うさぎ」と「電柱」を考えてました。とりあえず配置。

ちゃいますね。

細かいディテールを描き込むのは後にするとして、なんか印象のような物を掴みたい。なんだかんだでメインがガールなんで、縮尺はガールを小さくはしたくない。遠くにゆるキャラと、さらに遠くに人工物がある形に今はなってますけど、パース感おかしいすね。今なんかガールが巨人っぽくなってる。それが一番やばい。電柱ってデカいんだよなぁ。かなり遠くに配置するか、なんか柄のようにパターンにしてしまうか、電柱やめるか。とにかく人工物が問題ですね。家具とかぐらいのサイズが一番いいきがするんだよね。イスとか、あー決まらねぇなぁ。しかも16種の人工物ですよ。「人工物」ってくくりは大きすぎですよね。「動物」ってくくりではなく「ガール」なんだし、16種の「イス」とかでもいいのか。キャラに合わせてデザインが違うイス!つまりアレか。擬人化の逆か、擬物化か。ふむふむ。なんか、誕生石とか干支とか星座とか血液型とかそういう何か、そういうノリかもですね。

あと、それと、構図的な問題でガールズがみんなほぼ棒立ちなんで「ゆるキャラ」と「人工物」でどれだけ動きを作れるか。そもそもはファッション誌みたいなのを想定してたんで(それも、昔見た覚えがある通行人ばかりを撮ったすげージンプルな本)全部棒立ちにしちゃったんですよね。結局やってる事はイラストなんだって思ったんで次回からは一枚一枚の組み立ても大事にしなきゃなって思ってます。

あとはあれですね。ムラを減らすために、できれば16人まとめて作画したいんですよね。ガールが弱いなら強いゆるキャラつけたりしてバランス取りたいんや。

なんやかんや、「イス」とかでくくっちゃうのもいいですけど、う〜ん。ギターなら、こいつはストラト、こいつはレスポール、こいつはテレキャス……みたいな。う〜ん。ガール……ゆるキャラ……と来たら……なんだろう、無機物系の物がいいけど……。絵的にバリエーション付けやすいもので……。

(しばしYoutubeを見る)