ブラックについて

とりあえず知ってる事から書けば良いかなと思いますのでブラックの話しします。
ブラックは「CMYK」の「K」ですね。
それぞれが0%から100%までの指定で色を作りますよね。
何気に101段階ありますが100x100x100x100で1億パターンですか?
いや実際ある程度超えたら真っ黒だし、それでも5千万?

K100

RGBの場合 R0 G0 B0 で黒になりますけど。
CMYKの場合 C0 M0 Y0 K100 ですね。
これってたしかスミベタとか言われてるらしいです。
普通の黒です。

K100のメリット

  • 簡単
  • 細い線や細かい文字に強い
    (K1色なので、CMYとの見当ズレが起こらない)
  • 背景の上に文字として置いても安心
    (オーバープリント扱いらしいので、背景にオブジェクトがあっても見当ズレが起こらない)

K100のデメリット

  • 物足りない
  • 背景と混ざってめっちゃ濃くなる可能性
    (オーバープリント扱いらしいので、下のオブジェクトが意図しない透け方をするなど)

リッチブラック

スミベタにCMYを足して C60 M40 Y40 K100 とかにするのがリッチブラックですね。
これは普通の黒よりしっかりした黒になっってリッチな奴です。
かっこいいです。

リッチブラックのメリット

  • かっこいい
  • 背景の上に置いてもそれ以上濃くならず安心
    (オーバープリント扱いではないので、下のオブジェクトが透けない)

リッチブラックのデメリット

  • 細い線や細かい文字に弱い
    (CMYK4色なので、CMYとの見当ズレが起こる)
  • 背景の上に置くと、背景との間に隙間が出来るかも
    (オーバープリント扱いではないので、背景にオブジェクトがあると見当ズレが起こるかもしれない)

まとめ

とまぁ、最近知った話です。
細かい文字系はスミベタがいいのかなと。
背景が写真とかだったらそれも、スミベタでしょうか。
面が多いならリッチブラックが安心ですが、すぐ隣にオブジェクトがあって見当ズレによる隙間が発生しそうならスミベタ。
リッチブラックはかっこいいですが、「かっこよくしたくない、でもここはオーバープリントを避けたい」そんな時には C1 M1 Y1 K100 とかするといいみたいです。

印刷物をPCでやると困る事ふたつ

デザイナーはじめました。

と、その前にご挨拶です。
こんにちわ、ななゆびですけど。
僕は最近就職しまして、現在デザイナーとなってます。
商業的なスピード感に付いて行くのになかなかヒィヒィ言ってましたけど、とりあえず最初のピンチは越えた?のかな?※越えてないです
色々と思うところもあり。それを文字にする前に3ヶ月目となってしまいました。
というか今書いてるの2ヶ月半やからもうすぐ4ヶ月目。
(数週間後)
とか言ってたら、ちょうど3ヶ月目になってました。
とりあえず2つ行ってみよう。

印刷物をPCでやると困る事ふたつ

  • サイズ感がわからなくなる
  • 発色がわからない

印刷物をパソコンで作る時はだいたい、Illustratorを使いますよね。
ページものだとInDesign、写真加工などにPhotoshopとなります。
あと、入稿の際にファイル形式をうんたらかんたらするAcrobatもありますね。
これらはすべてAdobeさんのソフトなんで毎月6000円ちょい支払うとソフトが使えます。

ま、ほいで、なんの話かというと、現代においては印刷とPCは切り離せないですよね。
DTP(デスクトッププリント)でしたよね。
PCは超便利ですけど、弊害もありますよね。
長くなりましたけどその話です。

「拡大縮小でサイズ感がわかんなくなる」

文字サイズは、今の私はだいたいPtで指定してます。
では、紙に印刷された7Ptの文字を肉眼で見るのと、ディスプレイに映った7Ptの文字を見る時。
7Ptは約0.35mm。紙に印刷された文字は約2.5mm。でもディスプレイで100%表示した時、何mm?
逆も然りですよね。
100%表示じゃなかったら目で見えてるものは小さかったり大きかったりします。
そもそもディスプレイが4Kだったら?
もう意味わかんないですよね。
そんな環境のパソコンの画面で文字を拡大縮小とかしてなんとなく作っても、いざ印刷するとサイズが変な感じだったりします。
という事で最終的な完成が印刷物であれば紙に出して確認するのは大事です。
僕もちょっと感覚ついてきましたけど、最初はもう出力する度に変だなってなってた気がします。

発色がわからない

「光の三原色」と「色の三原色」ってありますよね。
そう、ディスプレイはRGBですが、印刷物はCMYKなのです。
「RGB」はRed Green Blueですね。
「CMYK」はCyan Magenta Yellow Blackですね。
光は混ぜれば白に近づきますが、色は混ぜれば黒に近づきますね。
中学の頃、美術の時間で山下君が白絵の具を作ろうとして赤と緑と青を混ぜてましたが、出来上がるのは黒です。
まぁ。ディスプレイがRGBなのにインクのCMYKを想定して作るんですから、常に誤差があるようなもんです。
正直誤差なんてもんじゃないですね。
たぶん、カラーチャート(?)みたいなものを常に持つべきなんだろうなぁと思います。

終わりに

という事でデザイン編を用意しておきます。
これからもっと早くならないといけないので、細かく勉強して書いて行きたいな。もっと具体的な記事を書いて勉強ノートの様にしたいです。
よろしく。

むかし動画マンやった話

身近な人たちには、もう何度も話した気がしますが動画マンの話です。
だいたい10年以上前の話ですかね、アニメーター編ということで書き始めます。
シリーズが乱立していますが悪しからず……

動画マンやってた頃の基本情報

身バレもあり得ますけど、まず基本情報を書きましょう。

時期:当時は2007年の夏前ぐらいでしたかね、短大出てしばらくした時でした。
私はそこで10ヵ月ほどアニメーターをやりました。

場所:知人のツテで行ったので場所は関西寄りになり、大阪となりました。
というかアニメ会社の8割は東京に集中してるみたいですね。
地方のアニメ会社はどうなんでしょうかね?僕はそこしか知らないんで何とも言えないです。

雇用形態:そこは立ち上げたての集団で会社でもない、フリーランスの集団みたいなものでした。
まぁ、それはアニメ業界ではよくある事と思います。
だから歩合制が多いわけですよね。

人数:2〜3年の経験者3人、数ヶ月の新人9人というメンバーでした。
私が10人目だったと思います。

単価:動画は1枚200円、そのうち100円が会社の取り分。
結構ちゃんとしてる所は200円くれるみたいです。
なぜなら、月に400枚描いたとして4万円と8万円の差が出たらそりゃ死活問題ですもんね。
まぁ、最終的に初月を除き賃金は出てませんでしたけど。

休み:初期はマシだったけど、だんだん会社に泊まりばかりになり、アパートには週1で帰るか帰らないかみたいな感じになってた気がする。
仕事があったら泊まり、仕事の切れ目で帰る。
アパートで過ごした記憶はめちゃ少ないです。

睡眠:最低3日で4時間。意識飛んだり、一回寝ると現世と分断されたりする。

食事:安いものを食う。手持ちがなくなると食うものがない。

お金:家賃を2.5万円に抑えるれたので、月に6〜7万円ほど稼ぐとなんとかこの修行を続けられるんじゃないか?って考えてた。
それまでは仕送り貰ってました。
結果的には初月の1700円ぐらいしか貰う事ができなかった。

とりあえずそんな感じの基本情報を起きつつ……

絵描きとしての腕前

まぁ、でも仕事の内容は絵ですから、腕前はどうなん?って話ですよね。
とりあえず最近の同人活動記事を置いておきますね。

あと、アニメーションもいくつか作った事があるので1つ置いておきます。

これぐらいの腕前です。

アニメーターになりたい人に

まぁ、「動画マン」とかのワードで来てる人もいるようなので、その人たちに向けて書きたいです。
私の話が判断材料になればと思います。
なかなか目当ての話にならなかったり、触れられないままになるかもですけど、そういう時は私にダイレクトアタックして書かせたら良いと思います。
仕事としてのアニメーターの話もですが、技術的な話などもしたいですね。
そんな感じで今日はここまでで。

8月音楽発表会に参加しました

おひさしぶりです。ななゆびです。
いろいろ忙しいですね。
みんなすごいや。

8月のDTM音楽発表会に参加

毎月恒例の音楽発表会配信にラフスケッチの曲を投げました。
コメントは口頭だったので全文をここに置いておきます。

数ヶ月前YouTubeで音楽レクチャー系の動画を見ました。Jazzっぽい音の話で、「upper structure triad風」みたいな。たしか、左手でC6を弾いて、右手でDを重ねる。みたいな事をしてた気がします。面白いなぁと思いました。

ヌルい理論を勉強すると基本的なコードをとりあえず置いてしまい、なかなかストレートな雰囲気から逃れられなくなりがちなのですが、その動画をキッカケに和音の重ね方が一皮自由になった気がします。楽しいなぁと思いました。

適当に音を重ねたらクリシェ的なのになりました。なんでかなぁと思いました。

肝心の曲は限定感の為にもここでは公開しません。
ライブ履歴が公開されていればそちらで見れるかもしれません。
どちら?という方は直接僕にtwitterとかで聞いてください。
よろしく。

SEOを考慮した上でブログを書いてみて思った事

個人的な結論を先に言うと、ブログにおいてSEO知識はオマケで、基本的には書きたい事を書くべきだと思いました。

どうも、ななゆびです。「ブログを頑張ってみよう」と思って、過去の記事を「未分類」に投げ込んでSEOを意識した記事を作り始めました。

それは「同人活動編」を書き出したあたりからの記事です。参考にしたサイトなどはたくさんありますが、スラッグだのパーマリンクだの、文章の構成だの色々調べて書いたつもりです。その効果が出たのか「同人イベント サークル参加 持ち物」とかで35位ぐらいとか。まぁ3単語ですけどね。そうやってしてきて思った事のまとめです。

思った事

メリット

  • 勉強が楽しい
  • ブログらしい書き方が分かる事でGoogle検索で出やすくなるかも
  • たとえブログを書かなくなったとしても知識として頭に残る
  • ワンチャン収益化を狙える

デメリット

  • 勉強がめんどくさい
  • 定石通りに書きすぎると、書く方も見る方もつまらなくなる
  • 結構時間を食う

書く人が先か、読む人が先か

SEOの知識を踏まえてブログを書くってどういう事かって、要はアクセスを伸ばす事が目的となりますよね。んで、アクセスを伸ばしてどうするのってなると、「収益化」か「広報活動」みたいな感じだと思います。他にも何かあるかな?

収益化を狙う場合は最終的にアフィリエイトみたいな事するんでしょうか。良い記事がGoogleの1位を取ってると結構お金になるらしいよね。どんなキーワードで頑張るかとかも考えなきゃいけないですね。みんなが見てるキーワードで上位を取りに行く、っていう感じですよね。読み手ありきって感じ。

広報活動の場合は自分が知らせたい事を書けばいいんすよね。ついでにSEOでちょっと整えてターゲットを広くとる感じ?書き手ありき。

極端に言うと、読んでもらう為に書くのか、書いた物を読んでもらいたいのかみたいな、そういう奴が発生します。実際はバランスでしょうか。

僕の場合

「ブログがんばろーっと」ってなった僕は書ける事や書きたい事をまずイメージして、さらにそれを読む人をイメージして、書きました。

サークル参加についての記事にしよう>サークル参加初心者向け>マナーや持ち物費用など

これは良い流れと思います。良い勉強になりました。でも
「”同人イベントでの持ち物、マナー”とかで検索したらいっぱい出てくる似たような記事を自分も書いて上位を目指す。」
ていうのが虚無感でつまらんかったですね。

まぁ、でもつまんないと感じて記事を書いてても誰かの役に立って、それがお金になったら面白いって感じるでしょうし、つまんない事自体は悪でもないですけどね。

余談

余談ですけど、「ブログで収益化を目指すブログ」みたいなブログがアフィリの事とかしか書いてない。みたいな見かけましたけど。無を取得みたいな謎感ありますね。