今日はあと3時間ぐらいしかねぇぞ

僕が今やってるファッションガールシリーズって、質を追求せず量で圧を出す作戦なんですよね、なので1枚1枚のアップロードは弱々しいと思うし。4枚のまとめツイートは大事だと思います。

これが20枚ぐらいになって、なんとなく背景のような物(省エネ背景)を付けて、カラー本なら色つけて、そうして出来上がった本にどれぐらいの圧が感じられるのか心配です。「いいね」ってなるレベルから「一部ください」までの距離ってたぶん、というか確実にデカいですもんね……。

でも、やるしかないね。やってみて結果を感じるしかないよね。

とまぁ言いつつ、最近ガス欠気味というかなんというか、めちゃ眠いんすよね、首も寝違えるし、うう……

UST

テンションコードっていまいちよく分かってなかったんですけど、……いや、今もよくわかってないんですけど。最近見た動画で「アッパーストラクチャートライアド」とやらの話を少ししていて、詳しくは説明してなかったんですけど、7コードにルートの全音上のメジャーコードを重ねて〜とか言ってて。例えば「C7」に「D」重ねたり。なんとなく「あー、なるほど、おもしろい」「こういう響き欲しかったなぁ〜」って思って。この前の「ぽっかりフレンズ」の3つめのコードがホワーンとしてると思います。なんか良いなって思いました。上に重ねたコードの長3度が多分面白い気がする。え?ちがう?詳しい事は各自勉強してください。

橘雪耶氏の楽曲に映像提供したい人の記事

全国の橘ファンの皆様こんにちは。ななゆびです。まず軽く自己紹介します。私も曲を書いたりしてます。でも実は絵が本命なんです。アニメーションもします。そういう者です。気になるならメニューの方からniconicoやpixivへ……(いきなり橘ファン向けに喋ってますけど、知らない人の為に。橘雪耶さんは闇音レンリですごい曲を作ってる人です。)

で、実は近々、僕はユキヤさんの楽曲に映像提供をしたいと思っています。っと!石は投げないで!今日はその辺の話をしようと思っています。

ユキヤさんの曲は毎回特定の絵師が付いている訳ではなく、いろんな人が絵を提供しています。僕は前々からそれを横目に「いいなぁ」と思っていました。と、いっても当時の僕の創作力は安定していなかったので指を咥えるばかりでした。ところが、最近、僕は頑張れる様になってきた。そこで、お互いモーション的なものが発生(※)、これはもうやりたい。そう思って僕は「いつか出来たらいいねっていう空気」を「もうそろそろ出来ますよ?っていう空気」にレベルアップさせる為に、1ヶ月の間、週1でアニメーションを1カット描いて流していこうと思いました。いわゆる「たたき台」ってやつですかね。とにかく僕はやる気です。

ここから、作ったアニメーションの話です。2/28と3/6に1つずつとりあえず流しました。「コーヒー」と「ぽっかりフレンズ」としましょう。

まず、コーヒーを飲んでいる女性のループアニメです。「ユキヤさんの曲は全体的にしっとりしてるし……」と思って、安直にカフェの様なモノをイメージ。動きが激しくなくしっとりしているけど、心の中は……と思い、表情を固くしています。このアニメーションは底が浅い為「怖い顔でコーヒーを無限に飲む女性」でしかありません。

次に、胸にハート型の穴が空いている女の子の動画。こっちは僕のやりたい事を伝えようと思って考えてました。最初は「猫が人にフッと変わる映像」を考えてたんですけどなかなか「どう動かすか」に答えを出せませんでした。「変身する時に服はどうなる?」とかそういう事です。それに、そもそもそんなナマメカシイ動き描けねぇよ!って事でした。それは、動画の後ろを歩いてる人を見れば技量の程度がわかると思います。で、穴空き少女を思いついたので「これなら」と思い、形にしました。音も付けちゃったりして(イメージとちょっと違うけど)。結局、僕のやりたい事ってのは、アニメーションですから、非日常的な「ワクワク」の様なそういう映像でありたい。それだけなんで深い意図はないんですけど。

こう思うと、とりあえずとはいえ、ユキヤさんに寄せたつもりのコーヒーと、自分のぽっかりフレンズの差の激しさが申し訳ない……。いかに僕が他人に興味ないかが丸バレです……。まぁ、人様の曲は基本情報が手元にないですからねぇ……。何も考えてない訳ではないんですけどね。ユキヤさんの曲を聞いていると「何かスローで動きながらも部分はすごく動き続けてて、それでいて時々スピード感を与えたい」って思ってるんですけど、それはどんなものなのか……。あと、歌詞でモチーフも絞られちゃったりするのかなぁ。

宣伝のやり方教えて

1日1枚絵を流す。ブログも書く。毎日毎日をやっつけて「俺はこんなことしてるぞ」とアピールし続ける(テーマ的なキャラ的なの大事かも)それでリムられたら、それはもうしゃあねぇ。一部に嫌われてでも、一部に好かれにいこう。20人の敵が出来ても、100人の味方が出来ればいい。

でも、やるだけやってもそれがあくまでスタート地点。見てる人全員が好きになったり嫌いになったりしない、ほとんどが中立。だからこそ見てもらう人達の「分母」は大事で、とにかくたくさんの人に投げなきゃ。その為に、タグもつける、週1でまとめを流す。他のSNSとかも使う。宣伝は大事!なんだけど、宣伝ヘタクソな気がする!

まぁ、といっても、瞬間的にバズるのと、1年かけて宣伝続けるのは後者の方が強いだろうし……。というか……やつらは「続けてたからバズった」のか?(発見)

勝ちてぇ

ポケモンに関して話した事ありますが、「勝てるけど好きじゃないポケモン」を使わず「負けるけど好きなポケモン」を使うっていう思考回路、ありました。(過去の記事参照)

今思えばスプラトゥーンもそうでしたね、これの場合強い弱いはそんなに無いんですが、単に「好きなブキ」に固執してました。そうすると「好きじゃないブキ」は殆ど使ったことがない状態となり「好きじゃないブキ、使ったことがないブキ」を使っている人の行動心理が分からないという弱点を僕は抱える事になってました。でもスプラトゥーン2になった今は固執しなくなった。様々なブキを使った経験も活きましたし、単純に上手くなっていったという事もありますが、だいぶ上手くなった。それで、1の頃好きだった「スクイックリン」は今はさほど好きでもなく、むしろ勝率の高い「ZAP」が好きになっていきました。

自分の好きなものって結構ヤワくて、ちょっとした事で変化するよね。ポケモンを愛でるのが目的なら好きなやつ愛でてればいいんだけど、対戦になれば話は別。スプラトゥーンだって愛でたいだけならバトルしなくていいよね。僕らが何かやろうとすると「ルール」の様な「前提」の様なものがいつだって頭の中にあって、それで良し悪しが起こって、好き嫌いになる。

もし、僕が突然「茶摘みの達人」とか言って関係ない分野で日本一、世界一、と讃えられれば、絵や音楽は必要なくなるのかもしれないね。

どんな音楽を聴いてきたか

最近、絵の方のやってる事が良い結果を出してくれるのでは?と自分の未来にめちゃ期待していて、その事ばっかり書きたい気もするんですが、急がず焦らずゆっくり行きましょう。今日は音楽の話。

僕が音楽に目覚めた瞬間ってのはすごいしっかり覚えていて、それは小3か小4ぐらいの時に年の離れた姉の車に乗っていた時にかかっていたbeastie boysのhello nastyというアルバムでした。それまで音楽に対して「かっこいい」とか「きもちいい」とか「すごい」とか、そういう特別な感情が無かったんですね。でも、確実にあの時の僕は「なにこれかっこいい……」ってなった。

僕は広く浅くと言うより狭く深くのタイプだったので、beastie boysの他のアルバムを買ったりしてました。まぁ、それでも姉の所持しているCDを聞く事になってはいきます。

細かい順序や忘れてるアーティストもいると思うんで、また追記を書く事があるかもしれませんが、とりあえずザックリ書く事にします。

姉の所持していたCDで僕が気に入ったのは、Rhymestar、Tokyo No.1 Soul Set、RIPSLYME、麻波25、あと何があったかなぁ……、まぁ、かなりHIP HOPですね。あと、m-flo、Jamiroquai、なども。そういう感じなのねと思いきや、ゆず、とかも聴いてるんですよね。姉の持ってるCDの全て聴いた訳でもないし、聴くもの全てがイイと思った訳でもないですが。あと、PUNCH THE MONKEY in the mix、とか、chemical brothers、電気グルーヴ、stereo lab、スケボーキング……。

高校生ぐらいになって、昼夜逆転生活みたいな事やってて、夜中のCDTVみたいななんか見てたりしてた時に、スーパーカー、を知ります。あとゲーム音楽好きの友達の影響を受けてゲームサントラ買ったり。で、どこでどうしてそうなったか分かんないですけどロック系も聴くようになってた。ASIAN KUNG-FU GENERATION、とか、チャットモンチー。そのうち、めっちゃ好きになる事になるbase ball bear、も知ったかな。

その後もSPECIAL OTHERS、とか色々出逢ってったと思うんだけど、ここまで書いて上手く記事に出来ねえって思った。まぁ、問題は僕がどんな音楽を聴いてきて、どんな音楽が好きで、どんな音楽がしたいのか。それは僕に出来る音楽か。出来ないなら何を勉強したらいいか、または、出来る範囲でやりたい物はないか。そう言う事を考えてるんだけど、まとまらないのでまた今度。

仮に音楽作るなら

昨日の記事の内容は(いろんな気付きの積み重ねではありますが)ここ数年、数十年で一番の気付きと言っても過言では無いと思います。(うそ、でもTOP10には入るかも)だって小学四年生ぐらいから作品を作る事がスラスラ出来なくなったのに、最近毎日描いてるんですよ?

僕の場合だったんですけど、ザックリ言うと「どうして何をどう描くか」が重要だった。どうして何をどう描くかが決まれば積み重ねられる事が出来る。積み重ねる事が出来れば成果が上がる。楽しい!まぁ、これは今回の発見の一面ではあるとは思うので、要因はコレだけではないでしょうが。

ところで、最近は曲を作ってないです。絵に戻ってきて、音楽は音楽に強い人に任せちゃえって思ったんですね、そもそも絵の方が好きだし。そして、単に曲を作る事がスラスラ出来なくなった。

曲を作り始めた頃は全てが成果だったんですよね。だからどんな曲を作っても楽しかった。小学四年生までの絵と一緒です。そう、コレはたぶん同じパターンなんです。と言うことは「どうして何をどう奏でるか」で僕は音楽作品も積み重ねられる可能性があります。

ただ、補足がありまして「どうして何をどうやるか」は自分に出来る範疇の事じゃないとダメです。ま、ちょっと出来ない事でもピンポイントですから勉強したらすぐ出来るんじゃない?

ちょっと考えて見ましょうか。僕のファッションガールズシリーズは『どうして』描いているかは「僕が量産できるちょうど良いクオリティは量産によってシリーズ作品になると思ったから」かなぁ?『何を』描いているかは「女の子を描くのは楽しいので女の子を」ですね。『どうやるか』どのように描くかは「デジタルで、毎日一枚のペースで、とりあえずキャラだけ先に」というような……そういう事ですが。

それが音楽の場合どうなるか。これから音楽を作るならそれは『どうして』奏でるか(DTMだけど)ここは絵と変わらないと思うんだよなぁ、結局は何か形にしたいんだからアルバムみたいな物を作ろうと思うんだろうと。『何を』奏でるか、はジャンルになると思うんです。僕の場合やりたい音楽、やりたくない音楽、できる音楽、できない音楽、と、あまりハッキリ把握できてないと思ってて、でも、何かしらのジャンルに収まってて量産できるヤツ、それしかねぇと思ってます。『どうやるか』はもうLogicで月1とかでやれたらなぁとは思うけど、デモだけばーっと数曲作ったり?う~ん。

ここまできて「どうして何をどうやるか」で全然解決出来てない気がしてきた。ま、ぼちぼちね。

絵を描く時に

絵を描く時に、どこ見て描いているか。紙の上に線を引くペン先か、それとも頭の中にある理想か。

「絵を描く時にどこを見ているか」っていう質問には様々な答え方が出来ると思います。ここでは「現実に出来上がる絵」と「頭の中にぼんやりある印象」の話です。それは「モチベーション」とか「達成感」などに関わる部分の話です。持論です。

頭の中に出来上がる絵がハッキリ浮かんでる人ってどれぐらい居るのか分からないですけど、僕はそんなに浮かんでません。その状態で描いた「現実に出来上がる絵」と「頭の中にぼんやりある印象」それを比べます。そうして「現実に出来上がる絵」を「頭の中にぼんやりある印象」に近づけていくのだと思います。というやり方を今まではよくやってました。たぶん。

問題は「頭の中にぼんやりある印象」が曖昧であっても欲するクオリティも曖昧じゃない事。「何をどう描きたいか分かんないけどイイの描きたい!」って状態の時、出来上がったモノにすっごい落胆するパターンがある。

曖昧な印象は形に出来ないので、形にしようとするとしょっぼい絵が出来る。逆に曖昧な印象は脳内では現実の制限を超えて「良さ」だけ暴走しがち。結果落差が激しいのですね。

最近気付いた事なんですけど。どうして何をどう描くかは決まってた方が正確な情報となります、で、そこまで決まってれば「調べて」描きます。そうすると「よく分かんないけどなんとなくめっちゃイイ!というイメージ」は「イイ」に落ち着きます。多分そんな感じで落差が縮む。

この話、情報が足りてない感じがしますが、要は「絵を描く時の心構えややり方で完成品に対する見え方が変わる」という事ですね。

失敗体験の連続と成功体験の連続、あなたが頑張れるのはどっちです?

こんにちわ

3月入りましたね、眠いですね〜、最近朝全然起きれないどころか、日中寝まくってる事もありまして、春のせいかなぁ……。あ、聞く所によると男性にも月経のような様なものがあってホルモンバランス崩すらしいですね、イライラ期とかあるらしいですが、このねむねむ期もその手のヤツかもしれないですね。ルナルナつける?

名古屋コミティアが10月〜11月と結構先なんですが、もっと細かくやってる良さそうなのがあって、コミックライブだったかな?その中のオリCOMIってやつなのかな?たぶん入れ子構造なんですけど。それが3月24日にあるんで下見にいく気です。早ければ5月6日に参戦します。やる気。

「コンビニ人間」買ったんで、読んだら感想書きます。

ボカロP卒業制作はもういいかなって思いました、卒業するとかしないとかじゃないなっていう。また音楽制作やるかもしれないし、やらなくてもフェードアウトでいいか、って。

本当に本になる場合

例のシリーズが4枚目になっていけそうな雰囲気しています。絵のサイズがでかすぎるので本にする時に縮小かけなきゃいけないんだけど、今さっき0.7倍してみてなんとかなってたと思うのでなんとかなると思います。他にも製本に関する細かい問題はなんとかなる、というかなんとかします。なんとかなってくれ。

問題は絵を毎日1枚描いて全部ツイッターとpixivに投げてたら本買う意味薄くなっちゃうじゃん、という事です。だからこのシリーズの絵は温存して毎日絵とは別に2枚描かなくてはならない?!と思ってたんですけど、絵描き仲間のアドバイスにより解決。トリミングしたものをSNSに流してフル画を本にする。ほろたん氏!ありがとう!

あと、背景どうする?っていうのもある。

とりあえず、2月がんばったね、おつかれさま。